30代が半年で転職すると不利になるか

希望に向かう人

30代で転職をすると、不利なのでは?

半年で転職をすると、不利なのでは?

なので30代が半年で転職すると、すごく不利になるのでは・・?

 

この記事を開いたあなたはもしかしたら、そんな悩みを持っているかもしれません。

そしてもし、そうであるならば・・

  • 「どのくらい」不利になる?
  • どんな「ケース」で、特に不利になる?
  • 「メリット」となる要素は、何かある?

知りたいのは、こういった情報になってくるかと思います。

 

なのでこの記事では、そういった視点をもとに・・

30代が半年で転職すると、どうなる?

ここを解説していきます。

「再就職」は、不利になるか?

30代が半年で転職した場合、どうなるのかを考えるとき・・

再就職で不利になるのか?

ここが、いちばん大事になってくると思います。

 

そして再就職において、注目するべき要素は・・

  • 「半年」の勤務歴
  • 「30代」という年齢

この2つになってきます。

 

まず「半年の勤務歴」は正直、不利を引き起こす可能性があります。

特に「履歴を重視する」タイプの会社への就職では、影響が大きくなるでしょう。

 

採用を検討するとき、「これまでの履歴」を重く評価する企業は多いものです。

特に昔ながらの大企業とか、年功序列系の企業とかにそういった傾向がありますね。

 

そして、そういった会社の面接に行ったとすると・・

新卒であれば、出身大学や受賞歴といったものを穴が開くほど見られ・・

そして中途採用であれば、これまでの職歴を穴が開くほど見られるわけですね。

 

そしてそういったタイプの企業に就職したい場合は、「半年の勤務歴」は正直、マイナス要素になり得ます。

企業は、社員に長く働いてもらうことで大きなメリットを得ますので・・

履歴を重視する会社から見ると、半年で退職するのか??と映ってしまうわけですね。

 

なのでそういった会社に応募するなら、少なくとも「半年の勤務歴となった理由」が・・

それも本音だと微妙そうな場合は、「面接官を納得させられるような理由」が必要となってきます。

そしてそれを用意したとしても、ある程度のマイナスポイントとなるのは避けられないでしょう。

 

 

そしてもうひとつ考えるべきは、「30代」という年齢です。

30代は当然ながら新卒ではなく、中途採用になりますし・・

会社から求められる要素も、20代とは違ってきます。

 

具体的にはやる気や将来性重視ではなく、即戦力としての価値重視になります。

なので戦力だと判断してもらえるようなエピソードとか、特定の資格といったものがあれば、特に有利になれます。

これは半年の勤務歴とか関係ない、30代の就職全般の特徴ですよね。

 

半年の勤務歴があると、企業によってはマイナスになるわけですが・・

これを覆すくらいの戦力アピールができれば、マイナスはチャラになります。

 

逆に強力な戦力アピールができないと、半年の勤務歴と相乗効果的に足を引っ張ってしまい・・

希望する会社・有利な会社といったところへの就職は、かなり難しくなるでしょう。

 

と、30代が半年で転職すると、不利になるか?

ここについての基本的な答えは、こんな感じになると思います。

こんな「再就職先」なら、不利にならない

30代が半年で転職すると正直、不利な要素は多いと思います。

しかし「再就職先」をうまく選ぶことで、その不利は最小限にできるかもしれません。

 

そして不利にならないための再就職先選びで、一番のポイントは・・

「職歴を重視しない」会社を選ぶことです。

 

会社には、職歴を重視する会社としない会社とがあります。

そして重視する会社では、半年の勤務歴があると不利になる。。

というのは、上でお話しした通りです。

 

一方で職歴を重視「しない」会社なら、勤務歴はデメリットになりにくいです。

勤務歴がどうであっても、実力があればOK!みたいな会社ですね。

 

さらにそういったタイプの会社は「年齢」も不問となることが多いです。

年齢も職歴と同じで、「これまでの履歴」みたいな要素を持ちますが・・

そういうの全部不問で、実力さえあれば30代でも40代でも50代でもOK!みたいな思想になるわけです。

 

特にベンチャー系の会社とか、外資系企業とかにこういうタイプが多いと感じます。

そして再就職先に、こういったスタイルの企業を選べば・・

「30代が半年で転職」というのが、足を引っ張ることは少ないでしょう。

 

なのであくまで次の就職先に、こういったタイプの会社を選ぶのなら・・

30代が半年で「退職」する、ということへの抵抗も少なくなります。

 

ひとつ注意点としては、そういった会社では「不利」になりにくいというだけで・・

べつに「有利」というわけではないです。

 

結局はどんな企業であっても、「社員として使えるか?」という評価をされるものですし・・

職歴年齢不問なのであればそのぶん、実力や資格の評価は厳しくなるものでしょう。

 

なので、どこの就職を狙うとしても結局は・・

30代とか半年とか関係なく「自分の価値」を示すしか無いのでは、と感じます。

そしてそれが企業の期待値を上回った場合、就職に成功できるのだと思います。

「独立」するなら、不利にならない

職歴・年齢を不問にしてしまう方法が、もうひとつあります。

独立」してしまうことです。

 

つまり、自分自身で個人事業を設立し・・

自分でクライアントを見つけて契約して、自分でスケジュールを調整し・・

そして自分が仕事に行き、報酬を得る、という形ですね。

 

独立してしまえばもちろん、職歴も年齢も完全不問となります。

30代が半年で転職だろうが、何も関係ないですね。

 

唯一、「業務委託契約をするときに、履歴書を出さなければいけない」ようなケースはあって・・

そういう時に半年の勤務歴を見られる、というのがマイナスになるかもしれません。

しかし会社への就職時と比べれば、影響は微々たるものとなるはずです。

 

私自身、社会に出てから何年もサラリーマンをやっていましたが・・

この記事を書いている3年ほど前に、独立しています。

 

確かに独立は、けっこうハードルが高いものです。

すべてを自分でやりすべての責任を自分が受ける、完全自己責任の世界ですし・・

そもそも「集客」といったスキルが無いと、お客さんが居ないので仕事できない!となりかねません。

 

しかし「30代が半年で転職」という要素を、ほぼゼロにしてしまえる選択肢ですので・・

選択肢のひとつには入れていいのではと思います。

「なぜそんな会社に入ってしまったか」を考える

30代が、半年で転職することになったとして・・

どんな会社への転職を狙うにせよ、まずやっておくほうがいいことがあります。

「なぜそんな会社に入ったか」を考える、ということです。

 

半年で転職したくなったということは、基本的には・・

「決定的に合わない」会社に入ってしまった、ということになるでしょう。

 

何が合わなかったのか?は人それぞれだと思います。

たとえば上司が合わなかったか、仕事が自分に向いていなかったか・・

そして合わないこと自体は、仕方がないことです。

 

しかし基本的には、そんな会社に入ってしまったのは「就職ミス」だ、と言えるでしょう。

半年で辞めたくなるような会社に、望んで入る人は居ないはずで・・

会社の選択肢は他にもあったはずなのに、そこを選んでしまった・・ということになってしまいます。

 

そして次に会社を選ぶときは、できれば「半年で辞めたくなる会社」は遠慮したいはずです。

なので、繰り返さないために・・

「なぜ、その就職ミスをしたか」を考えておくほうがいいと思います。

 

このあたりの理由は、人それぞれになってはきますが・・

たとえば「地雷企業を避ける」能力の不足、は定番の理由になると思います。

 

すぐ辞めたくなるようなブラック企業とかは、事前にリサーチして回避するのが基本で・・

そのリサーチが不十分だった場合は、いつの間にかブラック職場に突撃する羽目になるのです。。

 

具体的な地雷企業の避け方については、例えば、

ギスギスした職場に入りたくない!入ってしまったけど、出たい!でも・・どうすればいいの?そんな疑問に答えています。

上の記事で「雰囲気がギスギスしていて、辞めたくなるような会社の特徴」を解説していますし・・

 

もしくは、

そろそろ就活・転職をしたいけど・・レベルの低い職場には入りたくない!特徴とか、察知する方法とかはある?そんな疑問に答えています。

上の記事で「職場としていろんな意味で低レベルで、辞めたくなるような会社の特徴」を解説しています。

 

なのでいろいろなところで勉強し、「地雷企業」に対するセンサーの性能を上げて・・

次に就職するときは、半年で辞めたくなる企業にハマらない!

ここをやっておくのも大事になると思います。

30代が半年で転職する「メリット」は?

ここまで、30代が半年で転職する「デメリット」を軸にお話ししました。

じゃあ・・デメリットの対になるような「メリット」って、何かないの?

ここも気になるところかもしれません。

 

30代が半年で転職するときの、メリットは・・

時間を無駄にしなくて済む、ということです。

 

辞めたくてしょうがない会社に、居続ける価値なんてありません。

じっくりと考えた上で、どうしても辞めたい!と思ったのなら・・

半年だろうが何だろうが、辞めるという選択はアリだと思います。

 

逆に「半年で辞めるなんて・・」と思って、例えば2年、3年とダラダラ居座ったとすると・・

もう辞めたい!と思ってしまっている会社で、ただただ時間を過ごすことになってしまいます。

 

そしてその時間は基本的には、成長には繋がらないでしょうし・・

あなたが本当に居たい企業、やりたい仕事に取り組むのもそのぶん遅くなります。

そしてこの「時間のメリット」は、とても重要なものだと思います。

 

なので30代が半年で転職すると、デメリットが発生したとしても・・

この「時間的なメリット」がデメリットを上回るなら、行動していいのではと思います。

 

もちろん価値観も状況も人それぞれで、一概に言えることなどありませんが・・

「今すぐ」新しい場所に移るため、今こそ行動する!

というのも、選べる選択肢のひとつになると思います。

 

 

今回は30代が半年で転職すると不利になるか?をテーマにお話ししました。

理不尽フリー生活を得る方法
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「ブログ」の始め方を解説しています。
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「インデックス投資」の始め方を解説しています。
運営者:りふりーびと

 

プロフィール画像

 
仕事、人間関係、お金、健康・・あらゆる面での「理不尽フリー」を追求する人です。

ブログ運営・投資・独立などにより、すでにある程度は達成済み。

【年齢・性別】30歳台後半、男性

【本業】
◇現在:企業の産業医など
◇元:総合病院の内科医・研究員
◇医局から独立し3年目

【副業】
◇ブロガー
(13万PV/月のブログを運営)
◇インデックス投資(歴7年)

【その他の特徴】
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
◇趣味は自転車
 
TwitterPinterest
 

サイト内検索
カテゴリー
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ