30代で仕事辞めたら人生楽しすぎになった!

青空に飛び出すサラリーマン

来る日も来る日も同じ出勤、似たような仕事・・

こんな人生、楽しくない!仕事辞めてやる!!

そう思って、実際に辞めてみたところ・・人生が楽しすぎになった!

これは私自身が、実際に経験したことです。

 

サラリーマンとして働くのは、つらいものです。

上司や会社の命令には、基本的に服従しなければいけませんし・・

やってられない「理不尽な仕事」を押し付けられることも、現実にはよくあります。

 

そして私自身の場合、サラリーマンが合わないことは早くから分かっていましたので・・

いろいろ試行錯誤したうえで、30代で仕事を辞めました。

リタイアしたという意味ではなく、「独立」しサラリーマンを辞めたという意味ですね。

 

そして、実際に辞めてみたところ・・

人生が圧倒的に、何倍も楽しくなり驚いたものです。

なのでもはやサラリーマン生活に戻ることなど考えられず、何としても独立を維持できるよう行動していたりします。

 

そしてもしあなたが、仕事を辞めて楽しい人生を実現したい!と思う場合・・

辞めたら本当に楽しくなるの?辞めて失敗する条件は?

こういったところは気になるのでは、と思います。

 

なのでこの記事では、仕事を辞めたら人生楽しすぎになるって本当?

それを実現するには、どんな条件をクリアすればいい?

といったところを、実際に辞めた経験をもとに解説していきます。

「上司不在」が最大のメリット

上司という存在が、消えてなくなる

私の場合はこれが、仕事を辞めたら人生楽しすぎになった一番の要因でした。

 

サラリーマンをやっているともちろん、上司が居ます。

直接命令を受ける、直属の上司が居ますし・・

社長といった上の人たちも、広い目で見ると上司ですね。

 

そしてサラリーマンは上司の命令に、服従しなければいけません。

給料を得るかわりに「業務命令」には従う義務がありますし・・

従わなければ罰則とか、異分子と見なされてしまうとか、いろいろリスクがありますよね。

 

さらには、それがたとえ理不尽な命令だったとしても・・

もしくは明らかに成果から遠ざかるような、ダメな命令だったとしても・・

基本的には従うべき!ということになってしまいます。

そして、これはとてつもなくフラストレーションが溜まることだと思います。

 

しかし仕事を辞め独立してしまえば、その事情は完全になくなります。

自分で仕事を得るのなら、「職場」そのものが無くなってしまいますので・・

もちろん上司とか、命令に従わなければいけないとか、そういうのはゼロになります。

 

そして上司不在の生活は圧倒的に楽しいです。

命令されることも、それに従うことも一切なくなる!

それは人によっては、想像するだけでよだれが出るくらい素晴らしい生活のはずです。

 

もちろんサラリーマンとしての仕事を辞めたからといって、「仕事の人間関係」がゼロにはなりません。

顧客(クライアント)や、仕事の斡旋業者といった人たちとの関係はどうしても残ります。

人様からお金を払ってもらうのが仕事である以上、それはもうそうですよね。

 

しかし、それは一方的ではあり得ない「並列」の関係です。

もちろん仕事として、応対は真剣にするのですが・・

「理不尽な命令も一方的に聞く」ような関係ではありません。

 

そして仕事上での上下関係・命令関係さえ、無くなってしまえば・・

基本的には生活の中で「命令に従う」というイベント自体が、ゼロになります。

赤の他人が自分に命令できるのは、裁判所が法律に基づいて・・とか、そのくらいになりますよね。

 

という感じで「命令に従わなくていい人生」が手に入った!

私の場合はこれが、30代で仕事辞めたら人生楽しすぎになった、いちばんの理由です。

イヤな人間関係を切り捨てられる

会社で仕事をしていると「イヤな人間関係」に悩まされます。

そしてそういった人間関係を、バッサリと切り捨てることができる!

これも仕事辞めたら人生楽しすぎになる、理由のひとつです。

 

サラリーマンは、仕事上の人間関係を選べません。

ある部署に配属されれば、その関係の中でやっていくしかありませんし・・

お客さんが自分のもとに来たなら、「対応しない」という選択肢はありません。

 

そしてその人間関係が「良い」ものである限りは、そんなに問題は無いのですが・・

たまたま「悪い」人間関係に当たってしまうと、最悪です。

たとえばパワハラだらけのブラック職場とか、ゴリゴリのクレーマー顧客とかですね。

 

そんな悪い人間関係に放り込まれても、自分側に「選ぶ」権利がありませんので・・

何とか気持ちをごまかしながら、忍耐しながら、やっていくしか無い!

私自身、そういう現実を長いこと経験してきました。

 

 

・・一方で、サラリーマンを辞めてしまえば「悪い人間関係を切り捨てる権利」が手に入ります。

仕事上の契約先が「悪い人間関係」になってしまったら、所定の手続きを経て解約できますし・・

顧客との関係性も、たとえば悪い関係ができないよう上手く集客したり、そういう相手と取引しないようにすれば解決します。

 

もちろん「簡単に」切り捨てられるか?というと、そこはちょっと違ってきます。

悪い関係を切り捨てるのは、フリーランスといえどもなかなか難しい場合はあります。

しかしサラリーマンの「まず無理」と比べれば、はるかに優位と言えるでしょう。

 

そして悪い人間関係を切れるのは、楽しすぎることだ!

これはもう、言うまでもありませんよね。

おそらく想像するだけで、絶対楽しい!と思えることでしょう。

 

という感じで、イヤな人間関係を切り捨てることが可能になる!

これも仕事辞めたら人生楽しすぎになる、大きな理由のひとつです。

方向性をすべて自分で決められる

仕事の方向性」を、すべて自分ひとりで決められる!

これも、仕事辞めたら人生楽しすぎになる理由です。

 

サラリーマンだと仕事の方向性は、会社が決めるものです。

会社にこのお客さんに対応しろ!と言われたら、するしかありませんし・・

会社に仕事内容を指示されたら、自分が何をしたいか?なんて関係なく、それをやるしかありません。

そして会社にシフトを決められたら基本的に、それに従って出勤するしかありません。

 

会社にいろいろ決めてもらえるというのは、人によっては嬉しいことのようです。

しかし仕事は自由にやっていきたい!と考える、私のような人間の場合・・

会社にすべてを決められてしまうのは、ストレスでしかありません。

 

そしてサラリーマンとしての仕事を辞めたら、仕事の方向性は自分で選べるようになります。

  • どんな顧客と契約するか?
  • どんな業種や仕事内容を選ぶか?
  • どんな仕事スケジュールにするか?

こういったところは、すべて自分で選べますよね。

 

そしてどんな方向性が、自分にとって楽しいか?

ここはこれまでの人生を見返せば、だいたい分かると思います。

なので楽しい方向だけを目指して進めば、自然と楽しすぎる人生が実現できるのです。

 

たとえば私自身は現在、仕事のひとつとして「SEOブロガー」をやっています。

そしてこの業種は私に合っていたようで、人生の楽しさをかなり底上げしてくれています。

そしてこういった方向性選びは、サラリーマンをやっていたらとても実現できなかったでしょう。

 

もしくは仕事のスケジュールや、それによる「仕事の密度」も自由に選べます。

仕事を見つけることさえできるなら、仕事の密度を上げて収入を増やすことができますし・・

あるいはちょっと疲れたので、逆に仕事の密度を下げユルく生きる!とかも自由です。

そしてこれが出来ればもちろん、人生は圧倒的に楽しくなりますよね。

 

という感じで、仕事の方向性をすべて自分で決められる!

それによって「楽しい方向」を、全力で目指すことができる!

これも仕事辞めたら人生楽しすぎになる理由です。

他人の責任を負わされなくなる

他人の責任を負わされることがなくなる

これも仕事辞めたら人生楽しすぎになった要因と言えます。

 

サラリーマンをやっていると、他人の責任を負わされることが結構あります。

たとえば部下が不始末をすれば、その責任は上司に来るものですし・・

前任者のミスが後任の自分に降りかかる、なんてことも起こりますよね。

 

そしてそれはかなりイヤな、精神にストレスの掛かることのはずです。

自分がやってしまったことに責任を持つのは、それはもうしょうがないことですが・・

自分がやってもいないことで責められたり、あまつさえペナルティを受けたりする!

こんなに理不尽なこと、なかなか有りませんよね。

 

そして仕事を辞めてしまえば、ここからは完全に開放されます。

職場も、部下も、前任後任の関係も存在しませんので・・

「他人の責任が自分にくるルート」を、根っこから断ち切ることができます。

 

そしてこの状況は精神的に、とても快適です。

納得できる「自分のミス」だけに責任を持ったり、改善したりしていけばいいわけで・・

こうなると仕事の「理不尽度」が、圧倒的に減るわけですね。

 

そして理不尽が減ればもちろん、人生は楽しくなります。

理不尽によって「楽しさ」が潰されることが無いからですね。

なのでこれも、仕事辞めたら人生楽しすぎになる理由です。

しかし、楽しくなるには「条件」がある

じゃあ、仕事を辞めれば「必ず」人生は楽しすぎになるのか?

となると、ここは違ってきます。

 

仕事を辞めて人生を楽しくするには、「条件」があります。

そしてこの条件を満たしていない状態で、サラリーマンを辞めた場合・・

楽しいどころか、逆に苦痛に満ちた人生になってしまった!となる可能性もあるのです。

 

じゃあ、楽しくなる条件って何?

ここは、

起業に興味があるけど・・失敗しないために、起業してはいけない人の特徴を知りたい!そんな疑問に答えています。

上の記事で、詳しいところまで解説しているのですが・・

 

ざっと挙げてみると、

  • 「頼らない精神」ができていない
  • 「騙され耐性」がついていない
  • 「集客する能力」が足りていない
  • 「金銭的な余裕」が無い

こんな感じですね。

 

中でも「頼らない精神」は、特に重要だと思います。

サラリーマンとしての仕事を辞めると、もちろん会社とは関係なくなりますので・・

「会社に助けてもらう」という行動を一切、取れなくなるからですね。

 

サラリーマンというのは意外なくらいに、会社に助けてもらっているものです。

仕事上のミスは最終的に会社に行き、本人は「怒られる」だけで済みますし・・

仕事上の交渉といったものも、会社がやるので自分がやる必要はありませんよね。

 

しかしサラリーマンを辞めて自立すると、当然ですが責任はすべて自分が負うことになります。

たとえばスケジュールミスで遅刻し、先方に損害を与えてしまえば賠償責任さえ発生しかねませんし・・

契約書をちゃんと読んでいなくて不利になったとしても、そのデメリットはすべて自分に集中します。

 

という感じでサラリーマンを辞めると、すべてが自己責任になります。

なので、これを当然!と思える「頼らない精神」がまだ出来ていないうちに辞めると・・

世の中、世知辛すぎる・・楽しくない・・となりかねないのです。

 

という感じで、辞めたあとの人生を快適なものにしていくには「条件」がありますので・・

ちゃんと条件を満たしたうえで辞め、楽しすぎる人生をちゃんと実現していきたいところです。

仕事を辞めるなら「何歳」がおすすめ?

私自身は「30代」で仕事を辞め、フリーランスとなりました。

しかし・・じゃあ、何歳で辞めるのがベストなの?

30代で辞めたというのは、果たしてジャストタイミングでの選択だったの?

ここも考察してみます。

 

まず、サラリーマンが仕事を辞める現実的なタイミングは・・

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代

こんな感じになってくると思います。

 

さすがに10代は、辞めるか議論できる年齢ではないと思いますし・・

逆に60代ともなると、それはもう定年とあまり変わらないからですね。

 

じゃあ、それぞれの年齢で仕事を辞めると、どんな人生が待っているの?

何歳で仕事を辞めると、いちばんの楽しすぎ人生が実現できるの?

以下、年齢ごとに考えてみます。

20代

「20代」で仕事を辞めると、人生は楽しすぎになるか?

 

仕事を辞めるとして、20代はかなり早い年齢です。

なので、辞めるための「準備」をちゃんと整えることができるか?

20代で辞めて楽しい人生にできるか?は、ここに掛かっていると思います。

 

仕事を辞めるにはもちろん、相応の準備が必要です。

現代で人は、お金がなければ生きていけませんので・・

サラリーマンを辞めてもやっていける「実力」や、人生を支える「資産」は必須となってきます。

 

なのでまだ20代で、辞めてもやっていける準備がまだ整っていない場合・・

その段階で辞めてしまうと、辞めた後の「稼ぐ力」が足りずに辛いことになる可能性があります。

 

なので20代で仕事を辞めるのなら、最速で準備を終わらせる!が絶対条件となります。

そのための、人並み外れた努力といったものも必要でしょう。

ちなみに私自身は20代ではまだ準備が済んでいないと考え、仕事を辞めはしませんでした。

30代

「30代」で仕事を辞めると、人生は楽しすぎになるか?

 

30代は仕事を辞める年齢としては、バランスがいいと思います。

30代ともなれば、辞める準備としての「実力」や「資産」もだいぶ積まれているはずですので・・

そういった条件が整ってさえいれば、辞めて楽しい人生にできる可能性は高いです。

 

とはいえ、ちゃんと「辞める方向性」で動いておくというのは大事なところです。

「サラリーマンとしての能力」だけを磨く方向性で仕事をしていると・・

30代でも、もしくは何歳になっても、辞めるのに必要な実力や知識は身につかないからですね。

 

なので自分はサラリーマンを辞める!それによって楽しすぎる人生を実現する!

そう決めたなら、早めに「辞める方向性」で勉強を進めておくのをおすすめします。

40代

「40代」で仕事を辞めると、人生は楽しすぎになるか?

 

40代は辞める年齢としては、少しだけ遅いかな、と個人的には思います。

理由は、40代ともなると「会社に特化した人生」に入ってしまうと思うからです。

 

40代まで会社に居れば、「会社でやっていくスキル」が山ほど身につきますし・・

出世し、会社内での地位もある程度確保できるはずです。

それによってサラリーマンとしてたくさん稼いだり、優遇されたりが可能になるわけですよね。

 

そういったスキルはもちろん、価値があるものだとは思うのですが・・

それらは基本的に「辞めた後」では、あまり役に立たないものです。

特に会社内での地位なんかは、価値を完全に失ってしまうはずです。

サラリーマンに特化した能力は、サラリーマンを辞めると効果が激減するわけですね。

 

そしてよほどの動機が無いかぎり、40代までに溜めた会社内資産は「惜しい」と思ってしまうはずです。

なので、辞めて楽しい人生を実現する!という方向に、40代からだとなかなか進めない可能性があります。

 

もちろん、何かを始めるのに遅すぎる!ということは無いのですが・・

40代から会社を辞めて人生を楽しくするのは、それなりに覚悟の要ることになるかもしれません。

50代

「50代」で仕事を辞めると、人生は楽しすぎになるか?

・・50代を越える年齢からだと、退職後の人生はかなり楽しいものにできる可能性があります。

 

サラリーマンで50代ともなると、40代よりもさらに「会社に特化した人生」が進んだことになります。

さらに50代となると、体力や気力もある程度落ちてきますので・・

「会社を辞めてひとりで仕事する」のは、かなり難しくはなると思います。

 

しかし50代ともなると「それまでに積み上げた資産」がモノを言う場合があります。

資産というのは貯金とか、投資した株式とか、購入した不動産とか・・そういった金銭的なものですね。

30代と50代を比べれば圧倒的に、50代のほうが資産は多くなるはずです。

 

そして例えば、

インデックス投資に興味があるけど・・本当に不労所得になるの?リスクはないの?7年やってる経験からお話しします。

上の記事では「インデックス投資」という方法を軸に、少しずつ資産を増やしていく方法を解説していますが・・

こういう資産運用といった方法は、掛けるお金が大きいほど利益も大きくなるものです。

なので50代だとこういった手段で不労所得を確保し、それを軸に楽しすぎる人生を実現する!というのは勝算が高いと思います。

 

もちろんこういったやり方は、50代までにそれなりの資産を積んできた場合のみ有効です。

お金を稼ぐそばから使ったりで、手元に資産が残っていない場合は厳しいものとなるでしょう。

 

さらには50代で辞めてしまうのは「定年」のメリットが得られなくなる、というポイントもあります。

定年まで働けば、退職金などで大きなお金が手に入ることは多いですが・・

途中で辞めてしまえば、そういうメリットは無くなる!ということも考えなければいけないでしょう。

 

とはいえ資産を溜めるといった準備さえ済んでいるなら、50代で辞める!はぜんぜんアリだと思います。

そして50代で仕事を辞めるときは、辞めたあともフリーランスとしてバリバリ働く!といった方向性ではなく・・

これまでに積んだ資産をうまく活用し、アーリーリタイアに近い生活を送る!

そういう方向性でいけば、なかなかの楽しすぎ人生を送れるかもしれません。

仕事を「完全に辞める」とどうなる?

私自身は仕事を辞めるとき、あくまで「サラリーマン」を辞めるにとどめており・・

サラリーマンを辞めたあとも、フリーランスとして働きながら生活しています。

 

しかし、もし仕事を「完全に」辞めたなら、その場合はどうなる?

その場合もちゃんと、楽しすぎ人生を実現できるの?

ここについても考えてみます。

 

仕事を完全に辞めるというのは、たとえば「早期リタイア」「FIRE」とか呼ばれる立場になるということですね。

いわゆる「労働」と呼ばれる活動は、基本的に一切せずに暮らしていくということです。

仕事を辞めるときには、この選択肢もあり得るでしょう。

 

そしてこの選択肢はもちろん、最高レベルの楽しすぎ人生を実現できる可能性があります。

仕事を完全にしなくて良くなれば、例えば毎日、朝から晩まで趣味を楽しむことさえ出来てしまうわけで・・

それはもう、天国とか楽園とか呼べるような生活ですよね。

 

しかし「完全に辞める」のは、フリーランスとして働き続ける選択肢と比べると・・

難易度が比較にならないくらい、圧倒的に高いという面があります。

 

現代人が生きていくためには、どうあっても「生活費」が必要です。

お金なしに生きていくなんて正直、不可能ですよね。

 

そして完全に仕事を辞めるということは、労働からの収入がゼロになるということで・・

なので基本的には不労所得だけで生計を立てることが必要になってきます。

 

そして、それはとてつもなく難しいことだ!

というのは社会で実際にお金を稼いでいる人なら、もちろん分かることだと思います。

そんなの、普通は無理ですよね。

 

私自身、

ブログを始めてみようかな?でも、どうすれば始められるかわからない!そんな方向けに、ブログを始める手順を解説しています。
低めのリスク・少ない勉強量で堅実に資産を増やしていける「インデックス投資」の方法を解説しています。

これらの記事で解説したような方法を使って、不労所得を育てようとしていますが・・

まだ、完全リタイアが実現可能な域までは達していません。

 

さらに言うと、完全リタイアはあまり楽しくなさそうだな、と個人的には思います。

仕事ゼロ・遊びまくりの人生は、一時的には楽しいのではと思うのですが・・

長く続くと張り合いが無い、堕落した人生になりそうだと思うからです。

 

こういった視点から自分の場合は、たとえ完全リタイアできる条件を満たしたとしても・・

仕事は何らかの形で続けるだろうな、と考えています。

 

もちろんこのあたりの考え方も人それぞれで、完全リタイア人生楽しすぎる!となる人も居ると思いますし・・

自分の力で条件を満たし、そういう人生を送るのも当然アリだと思います。

 

 

今回は仕事を辞めたら人生は楽しすぎになるか?を軸にお話ししました。

理不尽フリー生活を得る方法
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「ブログ」の始め方を解説しています。
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「インデックス投資」の始め方を解説しています。
運営者:りふりーびと

 

プロフィール画像

 
「理不尽な仕事から自由になる」を目指し試行錯誤を続ける人です。

理不尽すぎる仕事に悩まされた経験から、そこを目指すようになりました。

ブログ運営・投資・独立などにより、すでにある程度は達成済み。

【年齢・性別】30歳台後半、男性

【本業】
◇現在:企業の産業医(10社以上)
 医局から独立し3年目
 立場的にはフリーランス
◇元:総合病院の内科医・研究員

【副業】
◇SEOブロガー
(10万円/月の不労所得を達成)
◇インデックス投資(歴7年)

【その他の特徴】
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
◇趣味は自転車
◇海外移住に興味あり
 
TwitterPinterest
 

サイト内検索
カテゴリー
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ