少し食べただけでお腹が出るのは、「腹圧」ができていないのが原因です


すっきりおなかの女性

「食後」にいつも、ぽっこりと、妙におなかが出てしまう。。

と、いうことはありませんか?

ぽっこりおなかイラスト

上の、画像のような感じですね。

 

なぜ、ちょっと食べただけなのに、
ものすごく大きく、お腹が出てしまうのか?

 

この記事ではその明確な理由と、
そして改善のための、効果的な方法について、
徹底的に解説していきます。

なぜ、少し食べただけでお腹が出てしまうのか

ものを食べると、胃に食べものが入りますので、
ある程度、おなかがふくらむのは当然です。

 

しかし・・・それにしたって、ちょっと普通じゃないくらいに、
ぽっこりと、お腹が大きくなってしまう・・・

というのはけっこう、多くの方が抱えている悩みのようです。

 

結論から言いますと、少し食べただけでやたらとお腹が出てしまうのは、
「腹圧」が抜けているのが原因です。

 

もともと、お腹に脂肪が多いだけとか、そういう場合もあるのですが・・・

いつもお腹が大きいわけじゃなく、「食後だけ」にお腹がふくらむのであれば、
その可能性はさらに、上がります。

 

「腹圧」という言葉は、最近は、有名になってきましたので、
聞いたことがある方も多いと思います。

場合によっては、「体幹」とか、「コルセット筋」とか、「コアユニット」とかいう言葉が、
同じような意味を持つこともありますね。

 

そして、食後にだけ、おなかがぽっこりと出っ張ってしまう原因は・・・

この「腹圧」を使えていなくて、
食べ物でいっぱいになった内臓を抑えこめていないから、なのです。

 

内臓というのは、この場合は主に、胃ですね。

 

人間の臓器は、普段、
おなかの筋肉によって、おなかの外側に飛び出てしまわないように、
おさえこまれているものです。

 

内腹斜筋・腹横筋の画像

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

人間のおなかには、上の画像のような感じで、
コルセットのように、おなかを一周するように、筋肉がついています。

 

名前としては「腹横筋」とか、「腹斜筋」とかいったものですね。

「コルセット筋」とか、呼ばれることも多いです。

 

そして、こういったコルセット筋は、実は・・・

常に、適度にはたらいているのが、あるべき状態なのです。

 

もし、立った状態で、ご自身のおなかをさわってみて・・・

もし、なんの張りもない、ぷよぷよの状態だったとしたら・・・

この「コルセット筋」が正しく使えていない可能性は、とても高いです。
(コルセット筋の使い方は、習得することができますので、まったく問題はありません)

 

そして・・・「このコルセット筋たちが常に、適度に働いている状態」のことを、

「腹圧が掛かっている」と、言うのです。

 

もし、こういったコルセット筋の力がいつも、完全に抜けているとしたら・・・

それは人間の身体づかいとしては、
実は、あまり、良い状態ではないんですね。

 

 

一方、おなかの中にある臓器というのは、
こんな感じです。

 

おなかの臓器

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

肝臓とか、小腸とか、大腸とかが映っており・・

青色に表示させているのが、「胃」ですね。

 

そして、さきほどお話ししました「コルセット筋」によって、
これらおなかの臓器はすべて、おなかの中に、封じこめられているものなのです。

 

コルセット筋におさえこまれた臓器

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

おなかの筋肉の一部を、フェードさせているのですが・・・

コルセット筋の裏側に、覆われるようにして、
おなかの臓器があるんだな・・というのが、見てとれると思います。

 

なので、コルセット筋が常に、適度に収縮して、
「腹圧」が掛かっていれば・・・

おなかの臓器は、筋肉でカバーされますので、
多少、ものを食べたとしても、ぽっこりと出っ張るようなことは無いわけです。

 

逆に日頃・・・まったく「腹圧」がかかっていなくて、
コルセット筋の力が完全に抜けていると、どうなるか?

 

皮膚とか、腹膜とかもありますので、
ほんとうに臓器が、おなかの外に飛び出してしまうことは無いのですが・・・
(もしそうなったら、大変なことです・・笑)

 

臓器をちゃんと、あるべき場所におさめられなくなりますので、
重力にしたがって、臓器は、おなかの空間からはみ出てきて・・・

主に下腹部が、ぽっこりしてしまうはずです。

 

特に、ものを食べたあとですと、まずいことになります。

大量にものを食べたりすれば当然、胃にはキログラム単位の食べ物が入るわけですので・・・

もし、これをまったく抑え込めないなら、
かなりのレベルで、胃が出てしまって、おなかがぽっこりとしてしまう・・・

となるのは、物理的に、当然ですよね。

 

 

・・・と、いうわけで、
少し食べただけで、ぽっこりとおなかが出てしまうのは・・・

常に、ある程度のレベルで掛かっているべき「腹圧」が、
抜けているのが、原因なのです。

 

そして常に、適度な「腹圧」を掛けることができているとすれば・・・

少なくとも食後に、おなかが妙にぽっこりしてしまうのは、防げるのです。

 

 

OK!じゃあ、腹圧を掛けながら生活するよ!!

もし、そう思っていただけたとしたら、とても良い心がけなのですが・・・

 

しかし腹圧を掛けるというのは、実はかなり「罠」が多いテクニックでして、
方法を間違えるとぜんぜん効果が出なかったり、逆効果になったり・・というのが、よくあることなのです。。

 

おなかをへこませるように、おなかに力を入れて過ごす!!

・・もし、こういう方向性に進もうとするなら、
まず間違いなく、この罠にはまってしまいます。。。

 

以下に、けっして罠にはまらず、ちゃんと「腹圧」をキープできるようになるためのコツを、解説していきます。

腹圧を掛け続けるには、特別な「方法」がある

腹圧が抜けているので、少し食べただけでお腹が出てしまう。

 

なので、それを防ぐために・・・

 

「常日頃から、常に腹圧を掛けながら生活しましょう!!!」

 

・・・こう言われて、「はい、わかりました」と思う方は、
実は、おそらく、少ないはずです。

 

そう・・・「常に腹圧を掛ける」というのは、実は、かなりむずかしいことなのです。

 

まあ、そうですよね。

数秒とか、数分とかならまだしも・・・
何時間ものあいだずっと、おなかに力を入れ続けるなんてことは、
普通は、無理なはずです。

 

もちろん日常生活の中では、仕事のこととか、家事のこととか、考えることは多いはずです。

なので、腹圧を掛け続けよう!!と思って、がんばろうとしても・・・

腹圧以外のことを考えはじめた瞬間に、腹圧は、抜けてしまうはずです。

 

実は、腹圧というものは、
「腹圧を掛けよう!」とがんばって、掛けるものではなく・・・

「姿勢」と「呼吸」によって、自動的に掛かるもの、なのです。

 

どういうことだ???・・と、思われたかもしれません。

 

ここは、かなり難しく、
また、この記事だけで説明しきれるものでもありませんので、
わかりやすいところから、できるだけシンプルに説明していきます。

腹圧は「腹式呼吸」によって、自動的に掛け続けるもの

まず・・・

 

腹圧は、腹式呼吸ができていれば、掛け続けることができます

 

「腹式呼吸」は、かなり有名ですので、
聞いたことがある方がほとんどでしょう。

 

腹式呼吸とは・・・
吸うときはおなかをふくらませ、吐くときにおなかをへこませながら行う呼吸・・・

つまりは「おなかを動かしながら呼吸する」方法ですね。

腹式呼吸のイラスト

そして、この腹式呼吸・・・

実は、さきほど説明した「コルセット筋」を使った呼吸なのです。

 

コルセット筋・・つまり、腹横筋や腹斜筋といった筋肉は、
実は、呼吸をするための「呼吸筋」でもあります

 

そして腹式呼吸とは、このコルセット筋を使って、
おなかをふくらませたり、へこませたりすることで、肺を動かす呼吸法なのです。

 

これを練習する方法は、意外とかんたんです。

日々、おなかをちゃんと使って、呼吸するように心がける。・・・とりあえずは、これだけです。

 

とはいえ・・・呼吸をする筋肉というのは、
主に、「首」「胸」「おなか」の3つの場所にあるのですが・・・

このなかでも「おなかの呼吸筋」は、なかなか使うのが難しく、
できていない人が多いところでもありますので・・・

実際に、使えるようになるにはいろいろと、試行錯誤が必要かもしれないです。

 

おなかの筋肉は、意識することでよく動きますので・・

場合によってはへその下のほうにある「丹田」の位置に、意識を集中するようにすると、
うまくいくかもしれません。

 

うまくいけば日々、おなかにある大きな筋肉を使った、ダイナミックな呼吸ができますので・・・

たとえば「息が苦しい」とか、「呼吸が浅い」とか、
そういう症状も、解消されるかもしれません。

 

さらに、腹式呼吸をちゃんとできるようになれば、
「腹圧」も自然に、掛かり続けるようになるのです。

 

人間はだいたい、1日に、2万回くらい、呼吸をしています。

そして人間は、ちゃんと体得できたことは、無意識でできますので・・・

腹式呼吸がちゃんと、無意識レベルでできるようになれば、
呼吸が、1日2万回、オートで腹圧を掛けてくれるようになります。

もちろん、オートですので、苦もなく・・です。

 

なので、「腹圧を掛け続ける」を、実現しようとするなら、
「腹式呼吸の練習をする!」というのが、有効なわけですね。

 

一日中、腹圧をかけよう!とがんばり続ける・・という方針よりも、
はるかに、現実的なのではないでしょうか。

 

実際、私はこの記事を書いている現在も、
自動的に、腹式呼吸が続いていますので、
腹圧が抜けてしまうことはありません。

もちろん、ちょっと多めにものを食べただけで、
おなかがやたらとぽっこりしてしまう・・ということも、ないです。

まあ、だからといって別に、そんなにスリムな体型というわけでもないのですが・・笑

 

少し食べただけでお腹が出る・・を防ぐには、
「腹式呼吸」による腹圧のキープ、がいちばん重要です。

 

日々、練習を続けていくと、かならず効果がでてくるところですので、
ぜひ、いろいろと試行錯誤してみては・・と思います。


ページの先頭へ