出っ尻を治す鍵は、コルセット筋、そして腹圧です!


出っ尻・反り腰

「出っ尻」は、ダメな状態です。

 

出っ尻とは、おしりが、後ろに出っ張りすぎた状態ですね。

そして、出っ尻は、「反り腰」の証拠です。

 

そして反り腰というのは、腰痛の原因になったりする、悪い状態です。

 

人間の腰やお尻というのは、イメージとしては、
下の画像のような形になっているのが、「良い状態」です。

正常な尻

そして、下の画像のような状態が、
「出っ尻」と言われるような状態ですね。

出っ尻状態

「良い」状態とくらべて、お尻が後ろに突き出しているのが、
おわかりいただけると思います。

 

この「出っ尻」状態は、身体にメリハリがついて見えるようにはなるため、
モデルやバレエダンサーといった人は意外と、この姿勢をとりがちなのですが・・・

少なくとも「腰に負担をかけない」という視点からみると、
実は、あまり良い状態ではないのです。。

 

しかし・・・どうしても、いつの間にか、出っ尻・反り腰になってしまっている。。

ということが、あると思います。

 

私のまわりにも、けっこう、いらっしゃいますね。

どうしても猫背になる。。という方は、けっこう、いらっしゃるのですが、
出っ尻・反り腰も、気をつけていないと、実はかなりなってしまいやすい状態なのです。。

 

それでは・・・出っ尻になってしまう原因とは一体、何なのでしょうか?

そして、直すための方法は??

 

鍵は・・実は、「おなか」にあります。

 

出っ尻というのは・・
実は、「おなかがキープできない」ことで、起きるものなのです。

 

正しい姿勢の状態だと、
「おなかの長さ」の、イメージは、だいたい下の画像のような感じです。

正常なおなかの長さ

対して・・出っ尻状態の、おなかのイメージは、
下の画像のような感じです。

出っ尻状態でのおなかの長さ

並べてみると、わかりやすいかとは思うのですが・・・

正常なおなかと出っ尻状態のおなかの比較

いかがでしょうか。

右側の、出っ尻・反り腰状態のほうが、
おなかが、「後ろに向かって、長く」伸びてしまっている・・というのが、
おわかりいただけますでしょうか。

 

猫背の場合、おなかが縮んで、潰れてしまうのが問題なわけですが・・・

出っ尻の場合は、逆におなかの長さがキープできずに、
後ろに向かって伸びていってしまうことが、問題なわけですね。

これによって、おしりの位置がキープできず・・・
おしりが、後ろに向かって、突き出していくわけです。

 

そう、おなかのいうのは、
一定の長さに「キープする」べきなのです。

これができていないとき、猫背とか、反り腰・出っ尻とか、そういうことになるのです。。

 

しかし・・そもそも、おなかの長さというのは、
どうやってキープされているのでしょうか?

おなかの長さは、
「腹斜筋」や「腹横筋」といった、おなかの筋肉でキープされています。

 

おなかには、コルセットのような筋肉があります。

 

コルセット筋

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

上の画像の、茶色く表示された筋肉が、
腹斜筋・腹横筋といった筋肉なのですが・・・

まるでコルセットのように、おなかを横方向に取り巻くように、
ついているのが、おわかりいただけると思います。

 

そしてこの「コルセット筋」は、おなかをちゃんと支えるために、
普段からちゃんと使われるべきなのです。

 

この、「コルセット筋」が正しく作動している状態を、「腹圧」が掛かっている状態、と言います。

 

つまりは、コルセット筋がちゃんと働いていない状態になり、
腹圧がちゃんと掛かっていないときに・・・

おしりは、キープできなくなってしまうわけです。。

 

そして、おしりの位置がキープできないと、
腰椎が過度に前弯した、いわゆる反り腰の状態になり・・・

それが原因で、腰痛が起きてしまうのです。。。

 

コルセット筋は、日頃から意識して、使ってあげることが大切です。

イメージとしては、いつも丹田に意識を集中するようにして生活すると、
うまくいくかもしれません。

コルセット筋はちゃんと使えば、おなかを引き締める効果があったり・・と、
出っ尻を防ぐ以外にも、メリットがたくさんあります。

 

さらに言うと・・・

コルセット筋というのは同時に、息をするための「呼吸筋」でもあるのです。

この、おなかの筋肉をしっかり使った呼吸が、
いわゆる「腹式呼吸」、というわけです。

 

そのためおなかの筋肉も総動員した、深い呼吸の方法を習得すると、
おなかが自然にキープされ、出っ尻も自然と直っていくはずです。

 

ちなみになのですが・・「ヒップアップ」と「出っ尻」は、明確に違います。

ヒップアップをしましょう!というのは、よく言われていることですし、
私もそれには賛成なのですが・・・

腰が反り返った「出っ尻」状態を、ヒップアップと勘違いして、
腰をどんどん反り返らせていく・・というのは、あまり、良くないと思います。

姿勢を崩さず、むしろ姿勢を整えながらヒップアップしていくためには、
おしりの筋肉を鍛えたり、活性化させたりすることのほうが、ずっと重要なんですね。

 

出っ尻は、反り腰とだいたい同じ状態で、
腰痛を起こしてしまう、悪い状態です。

そして「コルセット筋」を活性化し、「腹圧」を掛けることを身につけると、
出っ尻でも腰猫背でもない、理想の状態を実現できるかもしれません。


ページの先頭へ