登山で疲れないためには、「足首」をやわらかくするのが有効です


赤いバックパックの登山者

登山中、どうしてもすぐに疲れてしまう・・・
解決する鍵は、意外にも「足首」にあるかもしれません。

 

登山というのは、疲れるものです。

まあ、ハードな運動ですので、当然ですよね。

高い山とか、傾斜が激しい山とかを登るなら、なおさらです。

 

登山で疲れてしまう・・「登山特有の理由」というものは、もちろん、いろいろあります。

酸素の薄さ、周囲の環境への緊張、集団行動のストレス・・・などなど。

 

そして、それ以外にも・・登山特有の疲れの理由として、「足首の硬さ」があります

 

 

・・・足首?

ふとももとか、ふくらはぎとかがパンパンになる、とかならわかるけど・・・

なんで、足首??

 

と、もしかしたら思われるかもしれません。

 

なぜ、足首が重要なのかと言うと・・・

 

足首が硬いと、坂を登るときに姿勢が崩れるからです。

 

具体的には・・・重心とか、からだ全体の軸とかが後ろにかたよってしまう、
「後傾」という状態になります。

後傾で坂を登るイラスト

イメージとしては、こんな感じですね。

坂を、こんな感じで登ってしまうことは、あるのではないでしょうか。

 

「まっすぐに立つ」というと、ふつうは、下の画像のような感じだと思います。

姿勢がいい人 軸入り

こういうまっすぐな立ち方だと、赤い線みたいなまっすぐなラインが、「からだの軸」になると思います。

 

対して・・・

後傾で坂を登るイラスト 軸入り

さきほどの、「後傾で坂を登る」状態だと、
からだの軸はだいたい、赤い線くらいの傾きになるはずです。

 

明らかに後ろに、傾いていますよね?

 

この状態は「後傾」といって、首とか腰とか、全身まんべんなく・・とか、
身体のいろいろな場所に負担をかけてしまう状態なのです。

 

「後傾」すると、傾いた体を支えるため、
「首の前」とか「おなか」とかが無駄に力んでしまうことが多いので、
そういうところにも集中すると、わかりやすいかもしれません。

 

じゃあ、どんな感じで登ればいいのか?

正しい軸で階段を上るイラスト

こんな感じです。

こんな感じで坂を登れば、からだの軸は赤い線のように、
だいたい、まっすぐになりますよね。

 

こういう「後傾していない」状態で、歩みをすすめることができれば、
からだに、後ろに傾くことによる負担はかかりませんので、
身体へのダメージを防げますし、疲れにくくなるはずなのです。

 

しかし・・・

 

勘のいい方はもう、お気づきだと思うのですが・・・

こんなふうに、「後傾」せずに登るためには、
とても重要な、条件があるのです。

 

それが・・・足首です。

正しい軸で階段を上るときの足首

「まっすぐな軸」で登っているときの、足首部分だけを拡大しますが・・・

かなりがっつりと、曲がっているのが、おわかりいただけると思います。

 

まっすぐな軸で急坂を登るためには、しっかりと「足首を曲げる」必要があるわけです。

 

解剖学的には「背屈」という動作ができる、ということですね。

 

たとえば、ふくらはぎの筋肉が硬かったりとか、
歩いたり走ったりが少なく、足首を日頃から使っていないとかいうときに、
足首は硬くなります。

 

そして、足首が硬いと、どうなるか?

後傾で坂を登る足首

足首をじゅうぶんに曲げられませんので、こんな感じになります。

足首比較

並べてみると、一目瞭然ですよね。

右側の画像のほうが、土台になる「脚」が後ろに傾いてしまっている・・というのが、
おわかりいただけると思います。

そして、その結果・・・

後傾で坂を登るイラスト

すでにお示ししたような、こんな感じの「後傾」した登り方になってしまうわけです。

 

足首をやわらかく曲げる重要性は、「和式トイレを使うとき」をイメージすると、
わかりやすいかもしれません。

足首をしっかり曲げられない場合は、和式トイレにちゃんと座れず、後ろに傾いていってしまいます。

これと同じような感じで、坂でも足首がかたいと、後傾していってしまうわけです。

 

登山のときは、当然ではありますが、
普段の生活とくらべて圧倒的に、「坂を登る」ことが多いです。

 

なので、「後傾」した姿勢で気づかないうちに、何時間も、行動を続けていたとしたら・・・

からだのいろいろな場所に負担がかかって、そのうち疲労がたまってしまうのは、無理もないのです。。。

 

と、いうわけで・・・

足首をやわらかく使って、「後傾」を防ぎながら登山をする・・というのが、
もしかすると、疲れない登山を実現する鍵になるかもしれません。

 

 

では、足首をやわらかくするためには、どうすればいいのか?

まず第一に、ふくらはぎが硬いと足首の動きが悪くなりますので、
ふくらはぎをやわらかくするのが、第一でしょう。

 

例えばふくらはぎは、立つときの「重心の位置」を間違えているときに、固まりやすいので、
ふくらはぎが固まりにくい、身体の使い方・・というのを追求するのは、大事だと思います。

 

ふくらはぎのストレッチも、有効ですね。

 

それ以外に・・登山だと、トレッキングシューズが足首の動きを殺している・・という場合があります。

トレッキングシューズ

トレッキングシューズといえば、まあ、こういうものなわけですが・・・

トレッキングシューズは、小石が足首部分から入らないためとか、脚をケガしないため・・といった理由で、
靴が足首まであり、足首がガチガチに守られていることが多いです。

もちろん、それ自体は良いのですが・・・

 

足首を無理に、がっちがちに固定してしまうようなトレッキングシューズですと、
トレッキングシューズが原因で、足首が自由に動かせなくなります。

そうなると、足首自体が硬いときと同じで・・自然な重心は、保てなくなってしまうのです。。。

 

トレッキングシューズとこすれて、足首とか、くるぶしとかがすごく痛い!・・・という場合には、
トレッキングシューズが足首をへんに圧迫しているかもしれないですので、
たとえば、靴を変更したり、靴紐を結ぶ強さを調節したり・・といった、工夫が必要かもしれません。

 

坂と階段とでは、すこし事情が違うものの・・・

「後傾」した状態で登るとまずいのは、階段も、坂と同じです。

「後傾」は登山に限らず、日常でも起きてしまうと知らず知らずのうちに、ダメージをためてしまう状態ですので、
できるだけ気づいて、防いでいくほうがいいと思います。

 

登山とか、坂を登っているときにやたらと疲れてしまう・・という場合、
「足首」とか、軸の「後傾」とかいったところを試行錯誤してみると、
もしかすると、いろいろとうまくいくかもしれません。


ページの先頭へ