浮き指の原因は、足指そのものではなく「重心位置」の崩れです!


浮き指

浮き指はよくない!

浮き指になってるから、直したほうがいいよ。

 

よく、言われる言葉だと思います。

 

・・・浮き指は、冒頭の画像のような、足指の状態のことですね。

 

ちょっと、極端かもしれませんが・・・

本来、床にぺたっとついているべき足指が「浮いて」しまっている状態です。

 

浮き指はダメ!と言われることが多いですし、
実際、その通りです。

地に足がついたイラスト

人間の足は、上の画像のように、
5本すべての指がぺたっと、床についているのが正しい状態です。

「地に足がついている」と、言われるような状態ですね。

 

そして「浮き指」の状態だと、足の指をちゃんと、使うことができません。

足の指はちゃんと立ったり、スムーズに歩いたりするのに重要なので・・・
「浮き指は悪い」と、いうわけです。

 

それなら、指が浮かないように、直せばいい。

当然、そうなるわけですが・・・

 

浮き指はどう、直せばいいのでしょうか?

 

思いつきがちで、しかし実はぜんぜん有効ではない方法は、
足の指をつかんで、ぐいぐい曲げて矯正する方法です。

まあ、必ず一度は思いつく方法だと思います。

へんに曲がっているのなら、ぐいっと、曲げ直せばいいわけですよね。

 

もしくは、テーピングでぐるぐる巻きにして矯正するとか、
サポーターでむりやり固定してしまうとか・・・ですね。

 

金属板とかを曲がりを直すのなら、それでいいのですが・・・

人間の足指が、浮くように変形してしまう・・というのは、
足指そのものが原因なのではなく、もっと別のことが根本的な原因だったりします。

 

その、根本的な原因とは?

 

・・・重心位置の崩れ、です。

 

人間が立つときの、「正しい重心位置」というのは、
だいたい、決まっています。

考え方とかによって、変わってくることは、あるのですが・・・

正しい重心位置

大体、上の画像の、赤い矢印くらいの位置です。

「足底アーチ」という、足の裏にできるアーチの、ちょうど頂点の位置ですね。

 

歩くときとか、すばやく動くときにはもっと前になったり・・とか、
必ずしも、絶対にこの一点!というわけではないのですが・・・

ここより後ろだと、さすがに「後ろすぎ」ということに、なると思います。

 

そして・・・人間の重心位置というのは、
ほうっておくと、この「あるべき重心位置」よりも踵寄りになっていくものなのです。

踵重心

たとえば、赤い矢印くらいの位置ですね。

 

特に、姿勢が悪くなっていると、
いつの間にかこういう位置に、重心が寄ってしまっていることが多いです。

 

重心がこういう位置にあると、足の指には当然、ほとんど荷重がかかりませんので、
四六時中、足の指が浮いたような状態になってしまいます

地面についていないわけなので、しっかりと地面を噛むように、使い続けることもできません。

 

こういう状態が、何時間も、毎日、何年もずーっと続けば・・・

少しずつすこしずつ、足指は変形していき・・・

冒頭の画像のような、ものすごい「浮き指」になってしまうわけですね。

 

もちろん足の指自体が、最初から変形していく場合もあるとは思いますが、
いちばんの原因は、この「重心の崩れ」だと考えられます。

 

もし、ご自身が足の裏のどこに重心を置いているか?など、
意識したことがない、と思われるのであれば・・・

もしよければ、今度、意識してみてください。

 

何気なく立っているとき、ふと意識すると、重心がおもいっきり踵寄りになっている・・・

足指にまったく、荷重がかかっている・・・

という場合は、この「踵荷重」になっている可能性は、高いです。

 

「踵荷重」は、階段を登るとすぐ疲れる原因になったりと、
あまり、良くないからだの状態です。

現時点で浮き指があるなら、それが、その一因になっているでしょうし、
現時点で浮き指が無かったとしても、将来的に、でてくる原因になる可能性はあります。

 

 

・・・と、ここまで話が進んだのであれば、
どうすれば浮き指を改善したり、対策したりできるか、もちろん決まってきますよね。

 

重心の位置を整えればいい、ということです。

 

重心の位置は、さきほどお話したように、
だいたい「足底アーチ頂点」の位置に置けば、大きな間違いはありません。

 

だいたいの目安としては、
「足の指」と「踵」に、同じくらいの荷重が掛かる状態・・というのも、いいと思います。

 

足の裏というのは、重心の位置を感じ取りやすいように、敏感にできています。

足の裏はけっして、こちょこちょしたらくすぐったいだけの場所では、ないんですね・・笑

もしも、足の裏に集中したことなんて無い・・と思われるのであれば、
これを機会に、しっかりと足の裏の感覚に耳を澄ませ、重心の位置を感じ取ってあげてください。

 

重心位置は、自分自身で浮き指を治すためのいちばん手っ取り早い方法だと思いますので、
ぜひ、いろいろと試行錯誤してみては・・と思います。


ページの先頭へ