会社で無理に仲良くする必要はないと思うよ

仲良くするサラリーマンたち

仕事はチームプレイだ、と言うけれど・・

会社では人間関係が大事だ、と言うけれど・・

仲良くするのが、大変すぎる!

 

会社では、みんなで仲良く仕事をしなければならない!

この価値観は、日本社会に広く染みわたっています。

会社で働いたことがある人なら、肌で感じるところでしょう。

 

そしてコミュ力に自信があれば、ここで悩むこともないと思います。

しかし、人と仲良くするのが苦手!打ち解けるのが難しい!というタイプの場合・・

仲良くしなければいけないけど、なかなか仲良くできなくて悩んでしまう。。

というのは、私自身も和気あいあいが苦手なタイプなので、ある程度わかります。

 

もちろん、会社で仲良くするのは悪いことではないです。

しかし、無理に仲良くする必要はないものだったりします。

仲良くできないからといって、べつに悩むところではないわけですね。

 

なぜ、仲良くする必要はないと言えるのか?

仲良く「しない」ことに、メリットなんてあるのか?

以下、解説していきます。

攻略方法の「ひとつ」に過ぎないから

会社でうまくやっていくためには「攻略方法」が必要です。

立場を上げるため、ストレスに潰されないため、理不尽な仕事をしなくて良くなるため・・

あの手この手を使って、試行錯誤するものですよね。

 

そして「みんなと仲良くする」は、攻略方法として有効です。

仲良くすることで、一定の立場が確保できますし・・

たとえばハードな状況で助け合えたりなど、実利もちゃんと得られますよね。

 

ですが攻略方法は、他にもいろいろあるものです。

そして会社をうまく攻略できれば、方法は何でもいいわけなので・・

仲良くするのに向かないのに、無理して仲良くする必要までは無いのです。

 

他の攻略方法って、例えばどんな?

  • 仕事のスピードを上げる
  • 自分にしかできない役割を見つけ、そこを伸ばす
  • 出世に集中し、出世してしまう

こういったものが思いつきます。

 

仕事のスピードが速く、さくさく終わらせる人・・

他の人には無い能力や資格を持ち、それを発揮する人・・

そして出世を実現し、ひとかどの立場を手に入れた人・・

それぞれが、会社で有利に働けるようになるものです。

 

なので仲良くするのに向かないのなら、無理にそっちの方向に進まず・・

自分なりに「向いている」と思う方向で、会社を攻略してみる!

こっちのほうがずっと自然ですし、うまくいく可能性も上がるのではと思います。

「私情」が挟まってしまうから

仕事のなかに「私情」が挟まってしまう・・

これも会社で仲良くする必要はない、理由のひとつです。

 

仕事に私情を挟むのは、基本的にNGです。

会社はあくまでビジネスの場で、学校とは違いますので・・

仕事としての合理性を優先して動くことが、基本的には求められます。

 

なので仲のいい人を仕事で優遇するとか、一緒の部署になりたがるとかは・・

「悪い印象」を受けてしまっても、仕方がないことかもしれません。

 

例をあげてみると、狙っている出世ポストがあって、そのために印象を良くしようとがんばっていたけど・・

上司から「仕事に私情を挟むやつだ」という評価を受けてしまい、印象が下がってしまい・・

そのポストを逃した、みたいな影響がでる可能性も無いとは言えないでしょう。

 

そして会社で仲良くすればするほど、私情を挟んでしまう確率は上がります。

仲のいい人が多いほど、仲の良さが深いほど・・

ついつい情に流された行動をしてしまうのは、自然な流れですよね。

 

仕事と私情を完全に分ければいい!と思われるかもしれません。

しかしそうは思っていても、無意識に私情が出てしまうことはあるものですし・・

私情を出していなかったとしても「周囲から」出しているように見えてしまう、となる可能性もあります。

 

という感じで、あまり私情を挟むべきではない会社組織で、私情を挟んだ行動をしてしまう・・

これも会社で仲良くするひとつのデメリット、と言えるでしょう。

「能率」を落とす場合があるから

あまりに仲のいい人間関係は、仕事の「能率」を落とすことがある・・

これも仲良くしすぎるのは微妙と思う、ひとつの理由です。

 

仲のいい人とは、一緒に過ごしたいと思うものです。

長時間話したり、連れ立ってどこかに行ったりしたくなるものですよね。

 

そしてそれ自体は、悪いことではないです。

しかし「会社」という場で仲良く過ごしすぎると、時間をたくさん無駄にしてしまい・・

仕事の能率を落としてしまう、となるかもしれません。

 

たとえば、今日中に終わらせないとまずいタスクを抱えていたとして・・

やらないとまずい!とは思うものの、仲のいい人とついついおしゃべりをしてしまい・・

気がついたらもう遅い時間に!なんてのは、よくあることなのではと思います。

 

そしてそういったことを繰り返していると、たいていの会社では不利になっていくはずです。

この社員はちゃんと仕事を終わらせられない、みたいな評価が付くだけでもやばいものですが・・

さらに「その原因が、無駄なおしゃべりをしているからのようだ」なんてことになったら、ダメージは計り知れません。

 

という感じで、仕事の能率を落としてしまい不利になっていく可能性がある・・

これも会社で無理に仲良くする必要はないと思う理由です。

メンタルがすり減らされていくから

会社で、無理に仲良くしようと頑張っていくと・・

場合によってはメンタルがすり減らされていくものです。

そしてこれも、会社で無理に仲良くする必要はない理由です。

 

他人と仲良くするのが苦手なタイプの場合・・

それでも仲良くしてくためには、自分を「作る」必要があります。

たとえば引っ込み思案だとまずいので、明るいキャラクターを演じるわけですね。

 

自分をうまく作っていけば、仲のいい関係を作れるかもしれません。

しかしキャラクターを作るというのは、とても不自然なことですので・・

やっている間じゅうずっと、メンタルがすり減らされていくものです。

 

私自身、なかなかに人見知りなタイプなのですが・・

意図的に明るく振る舞って「和気あいあいな関係を作る」やり方は、社会人になってから学びました。

とはいえ・・かなり負担が掛かるので、ずっとやるのは無理だな。。とも思います。

 

そしてメンタルがすり減らされると、仕事にまで影響が出るかもしれません。

仲のいい関係を維持するために、疲れ切ってしまって・・

仕事をうまく回せなくなってしまった・・では、本末転倒ですよね。

 

もちろん、自分を作らずに誰とでも仲良くできる人も居るでしょう。
(羨ましいですね・・笑)

しかしもしあなたが、他人と仲良くするのに多大なエネルギーを使う場合は・・

無理に仲良くする必要はないのでは、と思います。

「ビジネスコミュニケーション」は必須

と、書いてきたような理由で・・

会社で無理に仲良くする必要は、無いと思います。

 

しかし、会社で他人とのコミュニケーションを放棄していいのか?

こう考えると、それは違ってきてしまいます。

なぜなら、「ビジネス上のコミュニケーション」のほうは必須だからです。

 

会社というのは、チームプレイで仕事をするところです。

なので上司への報告・連絡・相談といったものは、言うまでもなく必須ですし・・

同僚とうまく協力して仕事を回していくのも、必須のスキルとなってきます。

 

そして、ビジネス上のコミュニケーションがうまくできないと・・

それが原因で情報がうまく伝わなかったりして、仕事がダメになったりしかねません。

バスケに例えるなら、シュートは出来るけどパスが極端に下手、みたいな状態ですね。

 

という感じで、会社の人と和気あいあいの関係を作るのは、べつに必要ないのですが・・

仕事を円滑に回すための「ビジネスコミュニケーション」のほうは、必須!

ここは間違えてはいけないポイントだと思います。

仲が「悪い」と、それはヤバい

会社で、無理に仲良くする必要は無いのですが・・

逆に仲が「悪い」と、そっちはかなりマズいことになります。

 

会社に仲が悪い人がいると、たくさんのデメリットが発生します。

たとえば雰囲気が悪くなりますので、無駄にストレスを抱えることになりますし・・

同じ仕事に割り当てられでもすれば、とてつもなくやりにくくなりますよね。

 

なので、仲良くする!に全力を注ぐ必要は無いのですが・・

仲が悪い人を作らないための行動は、全力でやっておくほうがいいのです。

 

仲の悪い人を作らないためには、具体的には、

  • 他人を批判しない
  • 仕事は抜かりなくこなし、隙を作らない
  • 理不尽なタイプの人には近づかない

こういった対策が考えられます。

 

という感じで、会社で無理に仲良くする必要はありませんが・・

仲が「悪い」人を作らないための努力のほうは、ちゃんとやっておくのをおすすめします。

 

 

今回は会社で仲良くする必要性をテーマにお話ししました。

理不尽フリー生活を得る方法
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「ブログ」の始め方を解説しています。
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「インデックス投資」の始め方を解説しています。
運営者:りふりーびと

 

プロフィール画像

 
「理不尽な仕事から自由になる」を目指し試行錯誤を続ける人です。

理不尽すぎる仕事に悩まされた経験から、そこを目指すようになりました。

ブログ運営・投資・独立などにより、すでにある程度は達成済み。

【年齢・性別】30歳台後半、男性

【本業】
◇現在:企業の産業医(10社以上)
 医局から独立し3年目
 立場的にはフリーランス
◇元:総合病院の内科医・研究員

【副業】
◇SEOブロガー
(10万円/月の不労所得を達成)
◇インデックス投資(歴7年)

【その他の特徴】
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
◇趣味は自転車
◇海外移住に興味あり
 
TwitterPinterest
 

サイト内検索
カテゴリー
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ