首筋が触ると硬いのは、「頸椎アーチ」の崩れが原因です


首筋整体を受ける女性

今、あなたの首筋は、やわらかいですか?

 

首筋は揉んだ時に、ふわっと、やわらかく指が入っていく状態が正常です。

そしてもし、指で首筋を押してみて、
がちがちに固まっている場合・・・

それはもしかすると、「頸椎アーチ」が崩れていることが、原因かもしれません。

 

頸椎アーチって、なに?

 

頸椎アーチというのは・・・

人間の、あるべき首の骨の状態

の、ことです。

 

頸椎アーチ

書籍「ネッター解剖学アトラス」より引用

 

姿勢まっすぐ!とか言われるとついつい、
首の骨もまっすぐにしなきゃ!!・・とか、思う場合があるかもしれませんが・・・

人間の、首の骨というのは画像のように、
前に向かって軽く、アーチを描いているのが正常です。

 

なのでまっすぐ!!でもなく、
スマホ首みたいに、頭がやたら前に出ている状態でもなく、
画像のような「頸椎アーチ」を作れるように、がんばるほうが良いわけですね。

 

そして、頸椎アーチがちゃんと出来ていれば・・・

首の姿勢ができてる女性

自然とこんな感じの、「良い」首の姿勢になります。

 

おそらく上の写真を見て、「悪い状態だな・・!」と思われることは、無いでしょう。
(実際、悪い状態ではありません)

そしてもしかしたら、首の部分にアーチが出来ているのも、
おわかりいただけるのではないでしょうか。

 

こういう首の形を、ちゃんと作ることができれば、
首筋は、自然にやわらかくなります

 

もしよければ、首筋を、指で軽くおさえながら、
上のような「頸椎アーチ」を作れるようにいろいろと、試行錯誤をしてみてください。

首をいろいろ動かしていくと、首の骨の状態によって、
首筋の固さが、変わっていくのが、おわかりいただけますでしょうか。

 

もし、首筋がふわっと、やわらかくなる状態を作れたとしたら・・もうけものです。

その状態が、首筋が固くなりにくい、「良い」首の位置です。

なのでその状態を、日常生活の中などで維持できるように、
努力していけば、OKです。

 

例えばデスクワークなどで、頭が前に出たりして、
この「頸椎アーチ」が崩れてしまうと・・まず間違いなく、首筋は固くなってしまいます。

 

そして、頸椎アーチが崩れた状態で、一生懸命に首筋をもんだり、
首をぐるぐると動かしたり・・・と、されることが多いと思います。

そうしたくなる気持ちは、私も以前そうでしたのでよくわかるのですが、
実際、それでちゃんと柔らかくなることは、なかなか無いと思います。

 

首筋が固くなると、首こり・頭痛・肩こり・ストレスなどなど、
挙げるときりがないほど多くのデメリットが、起きてしまいます。

なので首筋が固くなってしまうのなら、
なんとしても、柔らかくするべきで、
そのためには「頸椎アーチ」の作り方を、修得するべき!なのです。

 

頸椎アーチをキープするためには例えば、
頭を前に出さないための、筋肉の使い方とか、

もしくは、顎をちゃんと引くための、筋肉の使い方とか・・・

そういったものが重要です。

 

今回は首筋が触ると硬い原因をテーマにお話ししてみました。


ページの先頭へ