顎を引くのに筋トレは不要!コツは「筋肉の使い方」です!


あごを触る女性

顎を引きなさい!

 

・・・小学校などの小さい頃に、
一度は、言われたことがある言葉だと思います。

私自身も、言われた覚えがあります。

 

実際、顎を引くのは、
「姿勢」「身体づかい」といったもののなかでも、重要なコツのひとつです。

顎が、へんに上がってしまっていると、首が無理な姿勢になりますので、
首根っこに負担がかかって、肩こりがきたり、
首自体に負担がきて、首こりとか、頭痛とかがきたり・・という、原因になります。

 

なので、顎を引きましょう!!!

 

・・・と、ここまではいいのですが・・・

 

実際、「顎を引き続ける」というのは、つらいものです。

 

まあ、そうですよね。

顎を引きなさいと言われたから、首にぐーっと力を入れ続けて、
顎をしっかりキープしてみたとして、

その状態、30分・・1時間・・

きつい、もう無理。。。となるのは、まあ仕方がないことでしょう。

 

もちろん日常生活では、「顎を引くこと以外」も考えないといけないです。

仕事のこととか、用事のこととか、今日の晩ごはんのこととか・・・

そして「顎を引く」ことから、気持ちが抜けてしまったとたん、
顎はいつのまにか、完全に挙がってしまう・・ということが、多いと思います。

 

でも、首こりとか肩こりとかは、防ぎたい・・・

だったら、顎を引かなければいけない・・・

そうだ!だったら、顎を引く筋トレをしよう!!!

 

・・・以上、昔の私が、実際に考えたことです。

 

実際、あごを手で押さえた状態で、無理やりあごを引こうとすることで、
あごを引くパワーをつけようとしたり、

あごにゴムチューブをひっかけて、引く力をトレーニングしたり・・

などなど、いま考えてみると、
なかなかにシュールなことをやっていました・・・笑

 

そして、いま考えてみると、

あごを引くのに、筋トレは必要なかった・・と、思います。

 

いま現在、私は、特に意識することもなく、
自然にあごが引けていると思います。

そして、おそらくはそれが要素のひとつとなって、
長年苦しめられてきた、頭痛とか肩こりとかが現在、すっきりと改善した生活を送っています。

 

でも、結論として、振り返ってみてみると、
あごを引くための筋トレが有効だった・・というよりは、
もっと別の要素が、圧倒的に大きく効いています。

 

その、別の要素とは?

 

・・・あごを引くための、「筋肉の使い方」です。

 

あごを引くときには、もちろん、筋肉を動かします。

そしてその「あごを引く筋肉」が、うまく使えていないとき、
あごは自然には引けず、いつの間にかあごが挙がってしまうようになります。

 

そもそも、あごを引くための筋肉って、なに筋?

 

いくつか、あるのですが・・・
いちばん重要なものをひとつ挙げるなら、「胸鎖乳突筋」です。

 

胸鎖乳突筋は有名な筋肉ですので、いろいろとご存知の方も、多いと思います。

 

胸鎖乳突筋はどちらかというと、あごを「キープ」するための筋肉ですね。

あごを引くというのは、あごを強力に下に下げる!というよりは、
引いたあごをそのままの位置に固定するほうが、重要だったりします。

 

まあ、あごの下でなにかを潰したいわけではない・・ということですね。

 

そして、胸鎖乳突筋がちゃんと使えていれば、あごはちゃんとキープできるのです。

 

胸鎖乳突筋を側面から 教科書より

書籍「身体運動の機能解剖」より引用

 

胸鎖乳突筋というと、上の画像に示した、赤色の筋肉ですね。

「胸骨や鎖骨」から「乳様突起」にかけて走っているので、胸鎖乳突筋です。

 

あごに、くっついていないじゃないか!・・と、もしかしたら思われるかもしれません。

しかし・・この筋肉はちゃんと働くことで、後頭部の位置をキープすることができます。

後頭部の位置がキープされれば、あごの位置もキープされますので、
「あごを引いた状態」を、ちゃんとキープすることができるのです。

 

あごが勝手に挙がってしまわない、自然にあごを引ける身体をつくる方法としては、
まず、この胸鎖乳突筋の感覚の開発が、いちばん有効だと思います。

 

そもそも、ご自身の胸鎖乳突筋を意識する・・なんてことは、
カラダ使いに特別な興味があるとか、医療関係者だとかじゃない限り、あまり無いと思います。

 

なので、ご自身の首に、この胸鎖乳突筋が走っていることをしっかりと認識し、
たとえば触ってみたり・・すこし強く動かしてみたり・・ストレッチしてみたり・・

いろいろと、胸鎖乳突筋の使い方を、試行錯誤して開発していくのが、
自然に顎を引けるようになる、いちばんの近道だと思います。

 

自然に、胸鎖乳突筋が使えるようになれば、
頭や首の位置は、自然にキープされるようになりますので、
いつの間にかあごが挙がってしまう・・ということは、少なくなるはずです。

 

胸鎖乳突筋は、「呼吸」をするための筋肉のひとつでもありますので、
胸鎖乳突筋を使った「呼吸」を、練習してみる・・というのも、有効かもしれません。

 

この胸鎖乳突筋は、動かせていないと「首自体の痛み」につながることもありますので、
ちゃんと、意識したり、呼吸で使ったりして動かしてあげると、
あごを自然に引けるだけではない、いろいろなメリットがあるかもしれません。

 

今回はあごを引くのに筋トレは必要か?といったテーマでお話ししてみました。


ページの先頭へ