本当に辞める人の特徴とは

めっちゃ走るサラリーマン

仕事辞めようかな?と、何度も言ってる人だけど・・

言ってる割には、もう何年も会社に居座ってるけど・・

この人、本当に辞める人なの?

 

会社員をやっていて、他の社員たちとのつながりが深いと・・

この社員は本当に辞めるのか?それとも口で言ってるだけなのか?

ここの見極めは、かなり重要になってきます。

 

例えば管理職をやっていれば、部下が辞めるか?辞めないか?で采配が大きく変わってきますので・・

本当に辞めるか?を事前に判断できれば、それは嬉しいことだと思います。

 

もしくは一般社員であっても、同僚が本当に辞めるか?を予測することができれば・・

穴埋めに使われてしまうかな?自分も辞めるべきかな?など、いろいろ考えることができます。

なのでこの場合もやっぱり、この予測に価値はあると言えます。

 

私自身、3年ほど前に長く勤めた職場を辞めましたし・・

社会人経験の中で、本当に辞める人はこんな特徴がある!というのも分かってきました。

 

なのでこの記事では、本当に会社を辞める人はどんな特徴があるものなの?

ここを解説していきます。

「辞める」と主張しない

辞める!という「主張」を、あまりしない・・

これが本当に辞める人の、第一の特徴です。

 

本当に辞める人は、もうすぐ辞めますよ!みたいな「前フリ」をあまりせず・・

本当に辞めるときがくるまで騒がない、という意味ですね。

そしてその時が来たら辞表をバンと出し、サッと去っていきます。

 

そして実は、辞めない人のほうが「辞める」と言うものです。

待遇が悪いので辞めますよー!

仕事がキツいので辞めますよー!

あー、もう今年辞めますよー!

そう言いつつも結局、何年もあいだ辞めないわけですね。

 

もちろん、辞める人があまり主張しないのには「理由」があります。

そしてその理由について、詳しくは、

辞める人は辞める!と言いそうなものだけど、現実には本当に辞める人は何も言わないことが多い・・この理由を解説しています。

上の記事で解説したのですが・・

要点を抜き出すと、

  • 「言っても無意味」と理解している
  • 心がすでに会社から離れている
  • 「辞める準備」でとてつもなく忙しい

本当に辞める人はこういった理由で、わざわざ「辞める」とは言わないものです。

 

もちろん、辞める辞める!と言って本当に辞めるケースもあります。

しかし全体的に見ると、辞めそうな事情はあるのに、あまり辞めると主張してはこない・・

これが本当に辞める人の、よくある特徴となります。

「理不尽上司」の下にいる

その社員の上に、「理不尽上司」が鎮座している・・

これも本当に辞める人の、大きな特徴です。

 

世の中の会社は、理不尽上司に溢れているものです。

これはもう、実際にサラリーマンをやっている人なら説明不要ですよね。

暴言上司、押し付け上司、評価基準がおかしい上司・・山ほど居ます。

 

そしてその社員の上にそういった、理不尽上司が配属されている場合・・

その社員は理不尽にさらされ続ける羽目になります。

そしてそれは当然、メンタルを蝕んでいき・・「本当に辞める」につながる可能性が高いのです。

 

部下が辞めるのに、上司って本当に関係あるの?については、

部下が辞めたのは、上司であるおまえの責任だ!と言われた・・これって妥当?本当に責任はある?ここを解説しています。

上の記事で詳しく解説しているのですが・・

  • ひどい過重労働をさせてくる
  • 理不尽な暴言を繰り返す
  • わざと辞めるように仕向けてくる

こんな感じの理不尽上司が居る場合、それが原因で辞める可能性は跳ね上がるでしょう。

それで辞めたいほど嫌な気持ちになるのは、おそらくイメージできるはずです。

 

という感じで、この社員もしかしたら辞めそうかな?と感じた場合・・

その上を見ると、理不尽上司が見つかった!

その場合は本当に辞める確率が、跳ね上がると思います。

「引き止め」に反応しない

辞めないでくれ!という「引き止め」に無反応・・

これも本当に辞める人の、よくある特徴となってきます。

 

辞めようとする人に対する「引き止め」は、よく行われるものです。

基本的に社員が減ると、会社は困るものですので・・

そうならないよう、出来れば残ってくれないか?と止めるわけですね。

 

そして引き止められた社員の反応は、

  • すぐに応じて、留まる
  • どうしようかな?と迷ってしまう
  • 一切応じず、辞める

大きく分けると、この3種類です。

そして本当に辞める人は、一番下の「一切応じず辞める」という行動になりがちということですね。

 

どんな人が引き止めに応じるの?引き止めが起きる理由は?といったところは、

退職します!と勇気を出して言ったけど、引き止められる!残るとどうなる?後悔する?・・といったところを解説しています。

上の記事で詳しく書いているのですが・・

例えば自分のことを自分で決める覚悟がある人は、引き止めで意見を変えたりはしないものです。

 

そういったタイプの人は辞める!と決断したら、もはや周りの意見くらいで曲がることはありません。

なので引き止められて、それに全然応じなかった時点で・・

その人が本当に辞める確率は、かなり高まると見ていいでしょう。

まだ新人

まだ入職して日が浅い、いわゆる「新人」である・・

この場合も、本当に辞める確率は上がると言えるでしょう。

 

入社何年目が辞めやすいか?というのは、会社によって変わりはしますが・・

会社ではベテランであればあるほど、辞めにくいのが基本です。

 

理由としては、既にその会社で積み上げたものが崩れるから、というのが大きいでしょう。

たとえば地位とか、上がった給料とか、退職金とかですね。

勤続年数の長いベテランであればあるほど、こういったものは大きくなるのが基本です。

 

しかし新人にはまだまだ、そういったものはありません。

なので辞めたとしても、失うものはあまり無く・・

なので辞めたくなったら「これも経験だった」とばかりに、さくっと辞めてしまう傾向があります。

 

さらには新人は負担が強すぎたり、理不尽にこき使われたりが多い・・という事情もあります。

新人が辞めやすい状況については、

自分の職場、どんどん新人が辞めていくんだけど・・これってヤバい状況なの?対策法はある?ここを解説していきます。

上の記事で解説しているのですが・・

新人だけに負担が集中していたりすると、新人ばかりが次々辞める!なんてことにもなりやすいです。

 

なので辞めると言っている人が「新人」である・・

これも本当に辞めてしまう可能性を、上げる要素となるでしょう。

おとなしい性格

あまり意見を言ったりしない、おとなしい性格をしている・・

これも本当に辞めてしまう、リスクファクターのひとつと言えるでしょう。

 

会社には、いろいろな性格の人が居るもので・・

その中にはもちろん「おとなしい人」もたくさん居ます。

そしておとなしい人はおとなしく「ない」人と比べ、辞めやすい傾向があると感じます。

 

おとなしい性格の人が辞めていく理由は、

おとなしい人だな、何の不満も言わないなと思っていたら・・突然辞めた!なぜ?防ぐ方法は?といったところを解説しています。

上の記事で詳しく解説しているのですが・・

 

例えばおとなしい性格の人は、自己主張があまりできないものです。

なので会社の中で、自分の意見を通すのも難しく・・

社内で不利な立場に追い込まれたり、フラストレーションを溜め込んだりしてしまいます。

 

そしてそういった状況が続けばもちろん、辞めたくなったとしても無理はありません。

このあたりが、おとなしい人に辞めやすい傾向が出る理由かな、と感じます。

 

対して、話をおとなしく「ない」人に移すと・・

おとなしくない人は、不満があれば会社にガンガン主張します。

そして場合によっては、それを通してしまうこともあります。

 

なので、メンタルを限界まで追い詰められることも少なく・・

それをもとに辞めたくなってしまう!ということも少なくなるでしょう。

 

という感じで、辞めようかなと言っている人が「おとなしい性格」をしている・・

これも、本当に辞めてしまう可能性を上げる要素だと思います。

やたら明るくなった

辞めると言っていた人が、なぜかやたら明るくなった場合・・

これも意外と、そのあと本当に辞める可能性を上げるリスクファクターだったりします。

 

辞める人が辞める前に明るくなる理由は、

辞める人って辞める前にいかにもキラキラした、明るい表情を見せるものだけど・・これはなぜ?ここを解説しています。

上の記事で解説しているのですが・・

  • 肩の荷が下りる
  • 嫌な人や職場から離れられる
  • 新生活が楽しみ

辞める人はこういった理由で、ぱっと明るくなることが多いものなのです。

 

あなたの周りの辞めた人を思い返してみると、イメージできるかもしれません。

もし、明るくなっていたなぁ・・と思えたなら、おそらくそんな感じです。

 

もちろん全員が全員、辞める前に明るくなるわけでもないのですが・・

「辞める」と言っている人があるタイミングで、憑きものがとれたように明るくなった・・

これは、その後で本当に辞める兆候の可能性があるでしょう。

「実は辞めない」人の特徴とは

本当に辞める人の特徴を、片っ端から挙げてみましたが・・

その逆で、辞めると言っているけど「実は辞めない」人の特徴って?

参考になるかもしれませんので、こっちの視点からも解説してみます。

 

実は辞めない人の特徴を、列挙してみると・・

  • めっちゃ「辞める」と言う
  • 理不尽にあまり晒されていない
  • 引き止めると、どうしようかな?と迷い出す

こんな感じになってきます。

基本的には、「本当に辞める人の特徴」の逆ですね。

 

特にめっちゃ「辞める」と言うというのは、特徴的です。

本当に辞める人ほど、辞めると言わずスッと消えるものですが・・

辞めない人は逆に「辞めますよー!辞めますよー!」と繰り返すわけですね。

 

なぜ、辞めない人はそんな行動をとるの?

「辞める」を武器に交渉したい、というのが大きな理由のひとつでしょう。

 

会社員にとって「辞める」というのは、強力な武器です。

会社側は基本的に、社員に辞めて欲しくはありませんので・・

「辞めるつもりだったけど、この条件を飲んでくれるなら辞めないです」みたいな交渉が成り立つわけですね。

 

そしてこの場合はもちろん、「辞める」と主張しまくる必要があります。

それによって上司や会社に、こいつは辞めたがっているな、という印象をちゃんとつけて・・

そしてそこから交渉を始めることで、好条件を引き出すからですね。

 

そしてこの場合、その人は本当に辞めるつもりは無いです。

なので辞める!辞める!と大声をあげるけど、実は辞めない!という流れになります。

 

という感じで、本当に辞める人には相応の特徴がみられ・・

そして実は辞めない人にも、辞めない人ならではの特徴があらわれるものです。

 

なのでそのあたりを見ていくと、この人は本当に辞めようとしているのか?

ここがある程度見切れるようになってくるのでは、と思います。

 

今回は本当に会社を辞める人の特徴をテーマにお話ししました。

理不尽フリー生活を得る方法
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「ブログ」の始め方を解説しています。
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「インデックス投資」の始め方を解説しています。
運営者:りふりーびと

 

プロフィール画像

 
「理不尽な仕事から自由になる」を目指し試行錯誤を続ける人です。

理不尽すぎる仕事に悩まされた経験から、そこを目指すようになりました。

ブログ運営・投資・独立などにより、すでにある程度は達成済み。

【年齢・性別】30歳台後半、男性

【本業】
◇現在:企業の産業医(10社以上)
 医局から独立し3年目
 立場的にはフリーランス
◇元:総合病院の内科医・研究員

【副業】
◇SEOブロガー
(10万円/月の不労所得を達成)
◇インデックス投資(歴7年)

【その他の特徴】
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
◇趣味は自転車
◇海外移住に興味あり
 
TwitterPinterest
 

サイト内検索
カテゴリー
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ