机に突っ伏して寝るのはダメ!なたったひとつの理由とは


突っ伏して寝る女性

仕事で疲れたとき・・・

昼寝のあと、眠くなってしまったとき・・・

講義や授業があまりにもつまらないとき・・・・・・

 

ついつい、机の上に突っ伏して、寝てしまうことはありませんか?

 

私は、昔、講義がつまらないときに、けっこうやっていました(笑)

 

机に突っ伏して寝るのは、けっこう、気持ちがいいものです。

晴れた日の窓際で、日向ぼっこしながら眠るときなんかは、最高ですね・・!

 

しかしながら・・・机に突っ伏して寝る、という行動を、
現在の私は一切、やっていません。

突っ伏して寝てはいけない理由を、知ってしまったからです。

 

その理由とは・・・

姿勢が崩れる」ことです。

 

机に突っ伏して寝るという行動は、
身体に大きなダメージを与えていく行動だったりするのです。

 

突っ伏して長時間寝てしまった直後、
なんとなく、身体がだるくなったりしませんか?

もしくは、身体のふしぶしが痛くなったりするかもしれません。

 

もしくは・・寝ているあいだ、「げっぷ」を連発してしまったり、ですね。

 

こういった症状は、すべてとまでは言いませんが、
大部分が、突っ伏して寝ることで「姿勢が崩れる」ことで起きているかもしれないのです。

 

突っ伏して寝る男性

「PhotoAC」より引用

 

机に突っ伏して寝るときは、だいたい、上のような体勢になりませんか?

実は、この体勢は・・・

 

首猫背女性

「PhotoAC」より引用

 

上のような、スマホを見るときのような猫背姿勢を、
さらに丸めたようなものなんですね。

「超・スマホ猫背」というかんじです。

 

猫背は、横隔膜をやわらかくすると治ります、という記事でも触れているように、
猫背は肩こり、首こり、頭痛、場合によってはめまい、きつさ、息苦しさ・・といった、
いろいろな痛みや不調につながってしまいます。

そのため、机に突っ伏して寝ると、
ちょうど、姿勢が悪い時と同じダメージを、からだに与え続けてしまうんですね。。

 

しかも猫背は、長時間続けば続くほど、ダメージが大きくなってしまいます。

そして「寝る」ときは、1時間くらい、その姿勢のまま全く動かなくなることも多いと思います。

ということは・・「机に突っ伏して寝る」という状態は、
猫背姿勢を「長時間、固定する」という、
身体にものすごく大きなダメージを与えてしまうような行動だったりするのです。

 

突っ伏して寝たあと身体が痛くなる・・というのは、
こういう視点から考えると、実は、当然のことなのです。

 

姿勢によるダメージは「遅効性」のことが多いですので、
その場では特にダメージを感じなくても、あとから身体がきつくなってくる・・ということも多いです。

 

深い猫背になってしまうと、呼吸筋がちゃんと使えなくなってしまいますので、
突っ伏して寝ているときは、「深い鼻呼吸」ができなくなってしまうと思いますし・・

胃と食道をへだてる「横隔膜」が、ちゃんと使えない状態になりますので、
げっぷがたくさん出てしまったり、場合によっては逆流性食道炎のような状態になり、胸焼けのような症状がでるかもしれません。

 

・・・と、ついつい、やってしまいがちな、突っ伏し寝ですが、
実は、意外とまずい行動なのかもしれないのですね。

ここで説明したようなことを知ってからというもの、
私は、机に突っ伏して寝ることはなくなりました。

 

しかしながら、どうしても眠くなってしまうことはあると思います。

そういうときは、机に突っ伏して寝るくらいであれば、
「頬杖で寝る」ことをおすすめします。

 

頬杖をついた男性

「ぱくたそ」より引用

 

上のような体勢で、寝るわけですね。

頬杖の姿勢も、けっして良い姿勢とは言えないのですが・・・
机に突っ伏して寝るのに比べれば、遥かにましです。

加えるなら、猫背の状態を頬杖で支えるのではなく、
頭を後ろに、正しい位置に引いた状態で、それを頬杖で支えるほうがいいです。

 

理想を言えば、理想の姿勢のまま「瞑想」のように、目を閉じて眠るのがいいのですが・・

これは、とんでもなく難しいと思いますし、私もできません(笑)

 

・・・そもそも、机の上で寝なくていいように、
前日にちゃんと寝たり、日頃からちゃんと睡眠時間を確保したり・・
といったことのほうが、重要かもしれません。

 

「机に突っ伏して寝る」のは、実は、猫背による身体へのダメージを受け続けてしまう、
リスキーな寝方だったりします。

突っ伏して寝ることが多いのであれば、それ以外の姿勢で寝るか、
もしくは寝てしまわずに済むよう生活リズムを整える・・といったことを、
模索してみてはいかがでしょうか。


ページの先頭へ