いかり肩は治すべきです。そしてそのための筋トレは、不要です


いかり肩のおじさん

「いかり肩」になってるよ!直したほうがいいよ!

 

いやいや、ガッチリして見えるから、いかり肩のほうが良いよ!

 

・・・どちらもけっこう、言われていることだと思います。

 

まず、結論から言いますと・・・

いかり肩は、直すべきです。

 

まずそもそも、いかり肩って何か?なのですが・・・

冒頭の画像のように、肩が、まるで怒っている人のように、
挙がってしまっている状態のことです。

なので「怒り肩」とかいうのが、語源のようですね。

 

肩には「正しい位置」というものがあり、
ある程度の個人差はありますが、だいたい、下の画像のような感じです。

自然な肩位置の女性

冒頭の、「いかり肩」状態の肩と、並べて比べてみると・・・

肩の位置を比較

もちろん、性別とか、体格とかが違うものの・・・

左の画像のほうが明らかに、肩が「挙がっている」というのは、
おわかりいただけると思います。

それにともなって、肩まわりや首まわりも、
スッキリして見えるのではないかと思います。

 

そしてつまり、左の「いかり肩」の状態から、
右の「正しい肩の位置」の状態まで、直すべきだ!・・というのが、
この記事で主張したいことなのです。

 

もちろん単に、見た目上、ちょっと肩が挙がって見える・・というだけなら、
無理して直す必要などありません。

女性だと、肩が下がってすっきりした状態のほうが良い・・と、
言われることが多いのではないかと思いますが・・・

 

特に男性だと、いかり肩は「恰幅がいい」「ジャケットが似合う」とか言われることもあり、
むしろ見た目上は、いかり肩のほうがかっこいいと、
歓迎されることもあるくらいです。

逆に正しい姿勢の、肩が下がった状態のほうが「なで肩」だと言われることもありますね。

特に男性ですと、「いかり肩になりたい!」と、言う人もいるくらいです。

 

しかし!

 

この、いかり肩というものは・・・

実は、肩こりとか、頭痛とか、ストレスとか、
そういった「痛みや不調」の原因になりうるのです。

 

・・・だったらもちろん、直したほうが、いいですよね。

 

肩に限らず、人間の骨格というものは、
「こうあるべき」というポジションが最初から、決まっていたりします。

そのポジションは「解剖学的肢位」と、言われることもありますね。

このあたりをこの記事だけで説明しきるのは、ちょっと、難しいですが・・・
この「あるべきポジション」にあるとき、人間は、からだへのダメージを最小限にしながら生活できるのです。

 

そして、いかり肩というのは、その「あるべきポジション」よりも、
肩が、上に挙がってしまった状態です。

解剖学的には「肩甲骨が挙上、もしくは上方回旋した状態」ですね。

「鎖骨が挙がった状態」とも、言えるでしょう。

 

そして、あるべきポジションからズレてしまっていることで、
いかり肩の場合は肩こりとか、首こりとか、肩を動かしにくいとか・・・
そういった「肩まわりの」トラブルを中心とした、身体へのダメージがたまってしまうわけです。

 

ボクシングの選手とか、一流スポーツマンとかいった人たちに、
なで肩が多い・・というのは、有名な話だと思います。

そういった人たちは、普段から身体を、正しく使えていることが多いですので・・・

いかり肩になりやすい一般人の基準からみると、肩が下がって見え、
「なで肩だ」・・と、見えるのだろうと思います。

 

 

とはいっても・・このいかり肩、
がんばって「肩を下げよう!!」としても、なかなか、直るものではありません

これは、実践してみたことがある方なら、
感覚でわかるはずですが・・・

肩が挙がってしまう癖があるので、下げて生活しよう!・・としても、
気がつくといつの間にかまた、肩は挙がってしまうんですよね。

 

肩を下げた状態でキープするような、筋トレをしたとしても、
なかなか、うまくいかないことが多いと思います。

 

実は・・・いつの間にか肩が挙がって、いかり肩になってしまうのには、
肩そのものだけではない、もっと根本的な原因があったりします。

 

ひとことで言うと・・「姿勢そのものの崩れ」です。

もうすこし、具体的に言うと・・「おなかが縮んだ」状態、なのです。

 

おなかが縮むと、肩は、上に挙がります

 

これは、試すとすぐにわかると思うのですが・・・

体育座りのように、からだを丸めるようにして、
おなかをおもいっきり縮めた姿勢になっていくと・・

肩が自然に、挙がっていくはずです。

 

そして、背伸びをするように、おなかを縦に伸ばしていくと、
肩は自然と下に、降りてくるはずです。

 

つまり、「いかり肩」を直すためには、
おなかが自然に伸びた「良い姿勢」というものを、
根本的に、習得するべきだったりするのです。

 

からだに痛みや不調を起こしにくい、骨格のポジション・・
つまり「良い姿勢」というものがあって、
これを体得することで、いかり肩も勝手に、おさまっていく。

そういうものなのです。

 

今回は「いかり肩」をテーマにお話ししてみました。


ページの先頭へ