やたら仕切る人の特徴は?対処法はある?

偉そうにする人

会社のチームで、ある仕事をやろうとしているけど・・

同僚のみんなで集まって、どう進めていこうか検討しているけど・・

やたら仕切る人が居て、めんどくさい!

 

数人以上のチームで集まって、何かをしようとしている時・・

仕切りたがりの人というのは、よく見られるものです。

特に同僚同士や友人同士といった、上下関係が無いところでありがちですね。

 

そして、その人が「パーフェクトな仕切り」をしてくれるのなら、文句が出ようはずもありません。

しかし、もしあなたがその仕切る人に不満を持って、この記事を開いたとするなら・・

その人はおそらく「微妙な仕切り」をしているはずです。

 

たとえば頼んでもいないのにズカズカ出てきて、仕切り出したり・・

上司でもないのに、みんなに命令や指示を出しはじめたり・・

その割に仕切る能力が低くて、チーム全体を迷走させたり・・ですね。

 

そして、そんな仕切りたがりの人が身近に居る場合・・

仕切りに巻き込まれるのが面倒!何とかしてやめさせたり、離れたりしたい!

そう考えるのは、自然なことだと思います。

 

なのでこの記事では、仕切る人はなぜ仕切りたがるの?

やたら仕切る人から自分やチームを守るには、どうすればいい?

ここを解説していきます。

理由①:やる気が空回りしている

やたら仕切る人が、仕切りたがる理由は?

ひとつめは「やる気が高い」から、です。

 

仕切ろうとするということは、やる気が高いということです。

やる気がまったく無い人が、自分から場を仕切ろうとする!なんて普通はあり得ませんので・・

仕切る人は動機はどうあれ、仕事をしようという気は強いと思われます。

 

そして、そのやる気が有効に働いてくれれば、それは良いことです。

しかし、それが「空回り」してしまうケースがあり・・

その場合は、まわりから仕切りたがりの人。。出しゃばり。。みたいに思われることになってしまいます。

 

たとえば一生懸命に仕切るんだけど、チームが目標から遠のいていったり・・

必要な配慮が足りなすぎて、チームメンバーの反感を買ってしまったり・・

「俺がリーダーだ!」みたいな雰囲気を出しすぎて、周りをうんざりさせてしまったり、ですね。

 

そして会社は決して、良かれと思ってやればOK!なんて場ではありません。

どれだけやる気を見せても、どれだけ頑張って働いても・・

必要な「アウトプット」を出すことができなければ、評価されることは無いはずです。

そのあたりが「学校」とは違うところ・・といったことは、言うまでもないことかもしれません。

 

なのでやる気があって、良かれと思って「仕切る人」を買って出たけど・・

うまく仕切るための能力や適性が足りなくて、むしろ状況を悪化させている・・

それが「やたら仕切る人」が問題になる、ひとつの流れだと思います。

理由②:自分の立場を上げたい

仕切るという仕事をすることで、「自分の立場」を上げたい!

これもやたら仕切る人の、ひとつの動機です。

 

会社で「自分の立場を上げる」ことは、とても重要です。

これは実際に会社に勤めている人なら、実感できるところだと思います。

会社内という閉じた人間関係の中で「ポジション」を獲得するのは、大事ですよね。

 

そして会社で仕切り役をすると、立場が上がる可能性があります。

会社では大変・重要な仕事をこなすほど立場が上がるもので・・

仕切り役というのは、そういった仕事に当たるからですね。

 

なので、

①:会社の中で、立場を上げたい

②:仕事の仕切り役をすれば、立場が上がる!

③:仕切り役を買って出る

この①・②・③の順番で考えて、自分が仕切る!と名乗り出るということです。

 

とはいえ・・立場を上げるために仕切る!というのは若干、ズレた考え方ではあると思います。

仕事をうまく進めるために適任だからとか、そういった動機で名乗りを上げるわけではないからですね。

 

そして会社で何年もやってきている人は、他の社員の「感情の動き」に敏感なものです。

なのでこのケースでは「欲」みたいなものが透けて見えてしまい・・

それが何となく、この人の仕切りには従いたくない・・みたいに思わせるかもしれません。

 

とはいえ、これもやたら仕切る人のひとつの考え方になると思います。

理由③:目立ちたい

シンプルに目立ちたいから、仕切ろうとする・・

これも仕切る人の動機のひとつでしょう。

 

目立ちたがる人というのは、どんな組織、どんな集団にも居るものです。

場の中心人物となることに喜びを覚え、そのためにいろいろな行動をするわけですね。

そしてそれ自体は性格のひとつで、特に悪いものだったりもしないです。

 

そして仕切り役をやると、目立つものです。

これは、詳しく説明するまでもないでしょう。

チームの中心になって状況を仕切ると、目立ちますよね。

 

もちろん目立ちたいから仕切りたがる!というのは、あまり好まれない考え方になるでしょうが・・

これも仕切る人が仕切りたがるときの、ひとつの流れと言えるでしょう。

理由④:やりがいを感じたい

やりがいを感じて、満足するため

これも、仕切る人の動機になり得ます。

この仕事は自分が仕切った!頑張った!と満足したいわけですね。

 

会社で「やりがい」を求める考え方は、よくあるものです。

お客さんの役に立った!会社や社会に貢献した!

そういった「貢献感」を燃料にして、明日もまた頑張っていく・・みたいな考え方です。

もちろんこれはひとつの考え方であり、悪いものというわけではありません。

 

そして、やりがいを感じたい!と思った人は・・

キツい、負担のかかる仕事に率先して手を挙げるものです。

そしてそれがこの場合は「仕切る仕事」というわけですね。

 

仕事を仕切るというのは、大変なものです。

そして大変だからこそ、なかなか手を挙げる人が居なかった場合・・

よし、いっちょ自分がやったろう!みたいな感じで名乗り上げるということです。

 

もちろんこれは場合によっては、ありがたいことかもしれません。

なり手が居ないから、仕切りをやらされる!

これは「仕切りたくない」タイプの人にとって、とてつもなく面倒なことですので。。

 

という感じで、やりがいを感じるために「仕切り」に手を挙げる!

これも仕切る人の、思考回路の1パターンとなります。

理由⑤:そういう性格

単純に、「仕切りたがる性格」をしている・・

これも、仕切りたがる理由のひとつとなります。

 

世の中には、いろいろな性格の人が居ます。

出世したい人、誰とでも仲良くしたい人、とにかく楽しく生きたい人・・

そして「仕切りたがり」というのも、そういった性格のひとつになってきます。

 

このケースでは仕切ろうとすることに、特別な理由はありません。

打算も狙いも、特には無く・・

ただただ、仕切りたい性格だから仕切ろうとする、という感じですね。

 

このタイプは仕切る人の、いちばんスタンダードなタイプかもしれません。

何らかの目的があって、計算ずくで仕切りに出る人より・・

単に性格な人のほうが、ある意味で「純粋」と言えるでしょう。

 

とはいえ、仕切りたがりの人で「仕切る能力」が高いなら良いのですが・・

そこが低い場合はやっぱり、出しゃばりとか思われかねません。

なのでこのケースであっても、やたら仕切る人。。と思われる可能性はあると言えるでしょう。

対処法①:自分が仕切る

じゃあ、やたら仕切る人への「対応」はどうすればいいの?

ここについても解説してみます。

 

仕切る人への対応として、まず出てくるのが・・

自分が仕切る」ことです。

これが、いちばんの正攻法ですね。

 

複数人で仕事をやるときには「仕切る人」が、ひとり必要になってきます。

そして「仕切りたがる人」の仕切りに不満があって、何とかしたいと思うのなら・・

じゃあ代わりに自分が仕切る!というのが、いちばん筋の通ったやり方になるでしょう。

 

そして、この方針でちゃんとうまく行けば・・

あまり良くない仕切りに従う、といったイヤな状況は解消します。

なので自分で仕切るのはちゃんと「解決法」である、と言えるでしょう。

 

しかしもちろん自分が仕切るためには、それなりのハードルがあります。

仕切りたがる人が、すでにそのチームを仕切ろう!としているわけですので・・

例えば自分がその人を押しのけて、仕切る立場に着く必要があるかもしれません。

 

さらには、当然ですが自分自身にその仕切りたがる人を超える「仕切る力」が必要です。

例えば、

  • 周囲の人望
  • 場の空気を読む力
  • 仕事の計画力

こういったものがより上でないと、自分が仕切るのは「逆効果」となるからですね。

 

さらには、自分が仕切ろう!と決めたとしても、かなり上手く場に出ていかないと・・

もともと仕切ろうとしていた人と、真っ向から対立する羽目になるかもしれません。

下手をすれば、立場を横から奪うような形になりますので、それはそうですよね。

 

と、いろいろ考えていくと・・

仕切る人の仕切りが微妙だったからといって、じゃあ代わりに自分が仕切ろう!というのは・・

いくら正攻法だったとしても、なかなかハードルが高いことだと思います。

対処法②:フォローする

やたら仕切る人の仕切りが、微妙だった場合・・

それを自分が「フォローする」というのも、選択肢のひとつです。

 

その仕切たがる人が前面に立って、場を仕切ろうとするのなら・・

自分はその裏方に立ち、その仕切りがよりうまくいくよう助けるわけですね。

 

フォローするというのは具体的には、仕切りたがる人の「仕切る仕事の一部」を担当したり・・

仕切りたがる人がヘンな方向に行かないよう、要所要所で介入したり・・

仕切りたがる人と仕切られる人たちとの間で軋轢が起きないよう、うまく間を取り持ったり、です。

 

こうすれば、仕切りたがる人とむやみに対立することもありませんし・・

うまくフォローできれば、チームでの仕事がより優れたものになるかもしれません。

 

とはいえ、もちろんフォローするにも条件があります。

  • 自分に「フォローする能力」が十分ある
  • 仕切りたがる人とある程度以上、仲がいい
  • フォローはかなり大変だけど、それを受け入れる

こんな感じですね。

 

なので仕切る人をフォローするというのも、なかなか難しいやり方ですが・・

とはいえ、これもひとつの選択肢になります。

対処法③:仕切りの「外」で仕事する

仕切ろうとする人の、「仕切りの外」で仕事をする!

これも、やたら仕切る人の対策法のひとつとなります。

 

仕切る人の仕切りに、不満がある場合でも・・

その人がもし「直属の上司」とかなら、どうしようもないでしょう。

業務命令には従わざるを得ませんので、仕切りにも基本的に従うしかないからです。

 

しかし、もし仕切る人が「同僚」といった、自分と似たような立場であれば・・

その人の仕切りに「従う必要」はどこにもありませんので、自分はその仕切りには従わない!

仕切りの外で、自分は自分のやり方で仕事する!というのも、もちろんアリになってきます。

 

この方法をとれば、やたら仕切る人に悩まされることもなくなります。

その人のやり方に従わないわけなので、当然ですね。

 

もちろん、この方法をとるのが難しいケースもあります。

例えばひとつの仕事を完成させるために、「全員が協力してやっていく」ことがどうしても必要!

そんな状況なら、自分だけ別のエリアで・・というのは現実的に難しいでしょう。

 

さらにこの方法は、「仕切る人」との関係性が悪くなるかもしれません。

見方によっては「別の勢力」を作るような形になりますので、そうなればそうですよね。

しかしまあ、これは仕方がないことだとは思います。

 

という感じで状況さえ許せば、自分は自分で、仕切りの外でやっていく!

これも仕切る人への対処法の、ひとつになってきます。

対処法④:「仕切る能力」を上げてもらう

やたら仕切る人の仕切りが、微妙だと感じるなら・・

その人に「仕切る能力」をアップしてもらうよう、働きかける!

これも、対策方法のひとつになってきます。

 

仕切る人が仕切ろうとすること自体は、基本的にはありがたいことです。

「仕切る」なんてそうそう誰もやりたがらないことを、買って出てくれているわけですので。

 

そして、その人の仕切る能力が低くて「やたら仕切る人だ。。」と思う状況なのであれば・・

その人の仕切る能力そのものを上げ、うまく仕切れるようになってもらう!

これも搦手っぽい感じではありますが、解決法のひとつになってきます。

 

とはいえ・・これももちろん、簡単にできることではありません。

例えば自分がその人の「同僚」なのであれば、その人に仕切る能力を上げてよ!と言ったり・・

あまつさえ、仕切る能力が上がるよう「教育」したり、なんてまず無理だからですね。

 

これがもし自分が、その仕切る人の「上司」なのであれば、かなりやりやすいでしょう。

上司が部下に助言したり、教育したりするのは自然なことだからです。

なので例えば、その部下の「仕切る力」がボトルネックになっていると感じるのなら・・

そこを上げるようアドバイスしたり、そのための教育プランを練ったりするのがいいかもしれません。

 

そしてもし自分が「同僚」の立場なら、「仕切る人の上司」に相談するという選択肢があります。

自分だけでは難しくても、その上司に詳しい事情とともにちゃんと説明すれば・・

「よしわかった、やってみよう」とばかりに対応してくれるかもしれません。

 

という感じで、やたら仕切る人には「仕切る能力」そのものを上げてもらう!

これも場合によっては、とりうる選択肢のひとつになってきます。

 

 

今回はやたら仕切る人の対処法をテーマにお話ししました。

理不尽フリー生活を得る方法
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「ブログ」の始め方を解説しています。
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「インデックス投資」の始め方を解説しています。
運営者:りふりーびと

 

プロフィール画像

 
「理不尽な仕事から自由になる」を目指し試行錯誤を続ける人です。

理不尽すぎる仕事に悩まされた経験から、そこを目指すようになりました。

ブログ運営・投資・独立などにより、すでにある程度は達成済み。

【年齢・性別】30歳台後半、男性

【本業】
◇現在:企業の産業医(10社以上)
 医局から独立し3年目
 立場的にはフリーランス
◇元:総合病院の内科医・研究員

【副業】
◇SEOブロガー
(10万円/月の不労所得を達成)
◇インデックス投資(歴7年)

【その他の特徴】
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
◇趣味は自転車
◇海外移住に興味あり
 
TwitterPinterest
 

サイト内検索
カテゴリー
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ