仕事でうまいこと利用されてると感じたら、どうする?

仕事を押しつける上司

上司に頼まれた仕事を終わらせた。大変だった。。

また自分だけが頼みごとを受けた。でもこれ、そもそも上司のタスクだよなぁ・・

またまた、自分だけが頼みごとを受けた。。んん?なんか変だ・・

 

もしかして自分、いいように利用されてる?

 

仕事で、上司や同僚といったまわりの人に利用されていると感じる。。

という悩みは、よく持たれるもののようです。

もしかしたらこの記事を開いたあなたも、感じていることなのかもしれません。

 

利用とはいっても、自分だけが多めに仕事を担当させられる程度の場合もあれば・・

上司の個人的な問題の解決のために、なぜか駆り出されたり・・

もしくはもう明らかに「パシリ」のようなレベルで使われてしまう場合もあるようですね。

 

もちろん、一方的に利用されてしまうのはイヤなものです。

なので、仕事で利用されてると感じた場合・・

  • 利用されてしまう原因は、なに?
  • 利用されてしまうのは、どんな人?
  • 利用されるのをやめるには、どうすればいい?

といったところが気になるのではと思います。

 

なのでこの記事では、仕事で利用されてると感じたらどうすればいい?

ここを中心に解説していきます。

原因①:職場に「利用しようと考える人」が居る

仕事で利用されてしまう、一番根っこのところにある原因・・

それは「利用しようと考える人」の存在です。

 

あなたを利用しよう!とする人が居なければ、利用されることはあり得ませんので・・

最大の原因は、まずここということになります。

 

そして「利用してやろう」というのは通常、モラルによって防がれるものです。

他人を利用しうまく働かせてしまえば、確かに利用している側は有利になりますが・・

それは利用されている側に無駄な苦労を強いる、攻撃的な行動です。

なので普通は「そんなことをやってはいけないな」と、ブレーキが掛かるもののはずです。

 

なので「利用しようと考える人」は、そう滅多には居ないものなのですが・・

やっぱり、居るところには居るものです。

少ないながらも、一定割合は存在するわけですね。

 

利用しようと考える人は性格的には、オラ!これやっとけ!と権力で押してくる「体育会系」だったり・・

感情を読むのがうまくて、人を感情から操って利用してくる「人たらし系」だったり・・

うまく状況を整えて、利用されざるを得ないようコントロールしてくる「策略家系」だったりします。

まあいずれにしたって、ろくな人たちではないですね。。笑

 

という感じで、あなたを利用して自分のために動かせないかな?と考え・・

そして、それを実際に実行してしまう・・

そういうタイプの人間が職場に居ることが、仕事で利用されるまず最初の原因です。

原因②:「イエスマン」になっている

利用されていると感じる状況になる、ふたつめの原因は・・

自身が「イエスマン」になってしまっている、ということです。

 

つまり、上司や同僚に何を言われても「イエス」とうなずいてしまい・・

首を横に振って「ノー」と断れない、ということですね。

少し言い方を変えると「優しすぎる」とか、「お人良し」とかいった感じかもしれません。

こういったタイプは日本人に、特に多いと言われていますね。

 

うまく利用してやろうと思う人にとって、これほど利用しやすいタイプは居ません。

通常は「やる道理が無い仕事」「理不尽な仕事」を押し付けようとすれば、断られて当然なのですが・・

そういった不条理な押しつけをしても、イエスと言ってくれるわけです。

なので「どんどん利用してやろう!」とつけ上がらせてしまっても、無理もないかもしれないのです。

 

イエスマンと思われてしまう人は、そういった「シグナル」を無意識に送ってしまっていることがあります。

例えば普通の仕事でも、どんな仕事もイヤな顔ひとつせず笑顔で引き受けたり・・

飲み会といった行事といった多くの人がやりたがらない役割も、頼まれたらすべて受け入れたりですね。

 

そして他人を利用してラクしてやろう!というタイプの人たちは・・

言い方は悪いですが、そういった「カモ」を血眼になって探しているものです。

そういう人たちがイエスマンの「シグナル」を受け取ってしまうと・・

おっ、利用できるのでは?と思われてしまうものなのです。

 

具体的にどう対処すればいいのか?は、下で解説しますが・・

仕事で利用されてると感じる場合は、まず自分は「イエスマン」状態になっていないか?

ここをチェックしてみると、もしかしたら気づきがあるかもしれません。

原因③:「気が弱い」と思われている

あなたが「気が弱い」タイプだと思われている・・

というのも、利用される原因となり得ます。

 

気が弱いタイプの人は、「押す」ことで利用できてしまいます。

そして多少強引に押しつけるようにして、利用したとしても・・

言い返しや反撃が来ないので、利用しやすい!と思われてしまうのです。

なので権力や態度のデカさでぐいぐい押してくる、脳筋タイプに特に狙われやすいです。。

 

これが逆に「気が強い」タイプの人だと、押しこまれて利用されることはまず無いです。

都合よく一方的に利用するのは、ある意味「攻撃」のような行動ですので・・

相手が腹を立てて反撃してきたとしても、おかしくないからですね。

 

立場が下の人が相手なら、反撃されないのでは?と思われるかもしれませんが・・

たとえ部下であっても限度を越えてしまえば、反撃されるケースは普通にあります。

自分が部下で、相手が上司だからこそ有効な反撃方法というものが、たくさんありますので・・

 

なので利用しよう!と思う人は、立場を問わず、気が強い相手はできるだけ避け・・

そのかわりに気が弱そうな人を探し、目をつけるわけです。

 

そしてここで「気が弱そうな奴だな」と目をつけられてしまうと・・

そのまま、利用される羽目になってしまうのです。

原因④:「承認欲求」を利用されている

承認欲求」を軸に、うまくコントロールされてしまう・・

これも利用されてしまうときの、よくあるパターンです。

 

人間誰しも、大なり小なり承認欲求があります。

褒めてほしい、認めてほしい・・という欲求ですね。

仕事だと、たとえば仕事ぶりを認めてほしいとかです。

 

そして特に新入社員だったりすると、この承認欲求は強めになります。

新人のうちはまだうまく動けませんが、拙いながらも何とか仕事をこなして・・

そしてその仕事を認めてもらいたい!と強く思うわけです。

 

もしくは新人でなくとも人によっては、承認欲求が強いものです。

承認欲求は悪いものではないので、別にあっても良いのですが・・

「他人に褒めてもらうことがすべて」みたいな感じになるのは、やはりバランスが悪いでしょう。

 

そして承認欲求が強い人は、それを軸にコントロールされることがあります。

「褒めてあげたんだからこれやってね、終わったらまた褒めてあげるよ」

みたいな感じで、利用される側の承認欲求を満たしてあげるかわりに・・

うまいこと利用してたくさんの仕事をやってもらう、というイメージですね。

 

利用する側からすると「承認する」というのは、タダです。

言葉で褒めればいいだけですよね。

 

それで相手を利用し、実利を得ることができる・・

となると利用する側の視点としては、最高にコスパが良いはずです。

 

 

と・・うまいこと利用されてしまう原因や理由というのは、こんな感じだと思います。

じゃあ、利用されてしまわないよう「対処」するにはどんな方法があるの?

以下、解説していきます。

対処法①:「自分側の利益」をちゃんと確保する

仕事で「利用されてる」と感じるときの、対処法・・

ひとつめは「自分側の利益」をちゃんと確保することです。

 

いいように利用されている時というのは、相手だけが利益を得ている状態です。

相手だけが、あなたの時間や労力を吸い上げて目的を果たし・・

そしてあなたは、そのぶん損をしている形ですよね。

 

そしてもちろん、それは良くない状況です。

なので相手に一方的に利益を与える、悪い関係を断ち切り・・

「自分側」もちゃんと利益を得ることが必要なのです。

「Win-Win」を成り立たせる、ということですね。

 

例えば、自分だけが仕事で多くの頼まれごとをするのなら・・

その見返りに、あなたが行きたい部署への出向を希望するとかですね。

そしてその取引が成り立つなら、多くの頼まれごともまあ引き受けますよ、というスタンスです。

 

実際に私の前の職場でも、上司との間で「Win-Win」を成り立たせていた社員が居ました。

その人は人脈が広くて、その会社に新入社員を勧誘し会社にメリットをもたらすかわりに・・

上司から人事面や待遇面で、いろいろなリターンを受けていました。

 

もしくは「出世」のためにうまく利用する、も状況によっては有効でしょう。

利用されている状況というのは、悪い関係ながらも「パワーがある人との関係性」があるような状況ですので・・

利用されてあげる代償として、出世にかかわる優遇を引き出していくわけです。

もちろん、これは利用されている人に「出世欲」がある場合に限りますが・・

 

そして利用してくる側と、交渉しても・・

「自分側の利益」を引き出せないなら、その関係は断ってしまう!

というのが次に考えることです。

 

双方の利益を最大限にできないなら、取引自体を行わない・・

「Win-Win or No Deal」という、これもわりと有名な考え方だと思います。

 

もちろん相手が上司の場合、完全に関係を断ちたければ退職するしかありません。

しかし部署異動の希望などをうまく使って、のらりくらりと相手の影響から逃れることは可能でしょう。

なのでどうしても自分側の利益が確保できないなら、こういった方針が選択肢になってきます。

 

という感じで、一方的にうまく利用されている状況を断ち切るには・・

まずは、うまいこと自分側の利益も確保できないか?がまず考えるところです。

対処法②:「仕事の押し付け」は回避する

仕事で利用されるとき、よく起きるのが「仕事の押し付け」です。

利用されるといっても、そこにはいろいろなパターンがあるのですが・・

仕事の押し付けは、おそらくいちばん多い利用の形だと思います。

 

なので仕事の押し付けを回避するのは、利用されるのを防ぐ有効な方法です。

仕事の押しつけは「押し付け対策」の考え方で、ある程度防げますので・・

自分が「仕事の押し付け」の形で利用されていると感じたら、まずはおすすめしたいところです。

 

押し付けられた仕事の回避方法は、

なぜか自分だけが、大量の仕事ややるべきでもない仕事を押し付けられる!一体なぜ?対処法は?そんな疑問に答えています。

上の記事で、詳しく解説しているのですが・・

例えば「仕事を避ける」技術を身につける、といった視点は特に有効かもしれません。

対処法③:性格を変える

ちょっと、荒療治にはなりますが・・

性格を変えてしまう」というのも、対応法のひとつとなります。

 

仕事で利用されてしまう原因は、上で解説したわけですが・・

その中には、

利用されやすい性格
  • 「イエスマン」になっている
  • 「気が弱い」と思われている
  • 「承認欲求」を利用されている

と、3つも「性格にかかわる原因」がありました。

 

つまりはこれら、「利用されやすい性格」を何とかして変えることができれば・・

利用したがる人にとって「利用しにくい」人になれるはずなのです。

 

利用されにくい状態に性格が変わると、具体的には、

利用されにくい性格
  • 嫌なことには「ノー」と言える
  • 気が強く、押し込まれることがない
  • 自分の軸があり、他人の承認が必要ない

こんな感じになると思います。

こういったタイプの人はまあ、そうそう利用なんてされませんよね。笑

 

私自身もずっと昔は気が弱いところがあり、利用されやすかったと思うのですが・・

歳を重ねる上でいろいろあり、性格はずいぶんと「利用されにくい」方向に変わったと思います。

そして今では、誰かに一方的に利用されてしまった覚えは、思い出す限りではありません。

 

もちろん性格を変えるというのは、相当に難しいことです。

「嫌なことにはノーと言える」ひとつとっても、少しずつ実践しながら身につけていくしか無いでしょう。

時間もおそらく、数年レベルで掛かると思います。

 

しかし利用されにくいよう性格を変えてしまえば、「今後の人生ずっと」利用されることがなくなります。

うまくいけば、リターンはとても大きいですので・・

利用されなくて済むことを目指すなら、チャレンジする価値はあるのではと思います。

 

 

今回は仕事で「利用されてる」と感じたら、どうする?をテーマにお話ししました。

理不尽フリー生活を得る方法
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「ブログ」の始め方を解説しています。
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「インデックス投資」の始め方を解説しています。
運営者:りふりーびと

 

プロフィール画像

 
仕事、人間関係、お金、健康・・あらゆる面での「理不尽フリー」を追求する人です。

ブログ運営・投資・独立などにより、すでにある程度は達成済み。

【年齢・性別】30歳台後半、男性

【本業】
◇現在:企業の産業医など
◇元:総合病院の内科医・研究員
◇医局から独立し3年目

【副業】
◇ブロガー
(13万PV/月のブログを運営)
◇インデックス投資(歴7年)

【その他の特徴】
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
◇趣味は自転車
 
TwitterPinterest
 

サイト内検索
カテゴリー
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ