理不尽を楽しむことはできるか?

太陽に向かって跳ぶ人

最近、理不尽なことが多くてキツいけど・・

理不尽を楽しむことって、できないの?

 

例えばブラックな企業は、理不尽だらけなものです。

私自身、以前にそういう組織でブラック労働を経験したのですが・・

そういった状況では、メンタルをごりごりと削られ続けるものです。。

 

なのでいっそ開き直って、理不尽を「楽しむ」ことができれば・・

理不尽に晒されつつも、メンタルのダメージを最小限にできるかもしれません。

 

なのでこの記事では、理不尽を楽しむことって、実際のところ可能なの?

楽しむためのコツとか、考え方とかあるの?

といったところを解説していきます。

理不尽の「プラス要素」を楽しむ

理不尽を楽しむための、考え方・・

ひとつは理不尽の「プラス要素」を楽しむということです。

 

理不尽にも実は、

  • メンタルの成長につながる
  • 理不尽への対処スキルが身につく
  • 今後の「理不尽フリー」の礎になる

といったプラス要素があります。

 

たとえば、理不尽にはメンタルを成長させる効果があります。

理不尽でやってられないことを、それでも何とかやり遂げることで・・

まるで筋トレでもするように、「理不尽にも対抗できるメンタル」が鍛えられていきます。

 

「理不尽への対処スキル」も身につきます。

理不尽に潰されてしまわないよう、実際にうまく立ち回ったりすることで・・

今後の人生でまた同じような理不尽に見舞われても、もっと上手く動けるようになっていきます。

 

そして理不尽に晒されることは、今後の「理不尽フリー」の基礎になってくれる場合があります。

例えば理不尽な思いをしながらでも働いて、何とかお金を貯めていけば・・

たとえば「インデックス投資」によって、将来的に身のまわりの理不尽を大きく削れるかもしれません。

 

と、理不尽にはマイナス面が多いわけですが、実はこんな感じのプラス面もあって・・

そしてこういったプラス要素であれば、純粋に楽しむことはできるはずです。

「苦労を楽しむ」心境になる

理不尽に晒されると、苦労することになります。

しかし「苦労を楽しむ」心境になることができれば・・

つらい思いをしながらも、それ自体を楽しむ!ということができるかもしれません。

 

イメージとしては「旅でトラブルを楽しむ感覚」に近いと思います。

旅先でいきなり台風がきて、空港に泊まらざるを得なくなった!なんて場合・・

普通は「ツイてないな、なんでこんな目に。。」と思ってしまうものです。

しかし考え方によっては「非日常が体験できたし、話のネタにもなった!やったぞ!」と、楽しむことは可能です。

 

考え方次第で、苦労が苦労ではなくなるわけですね。

確かに理不尽だけど、これを越えることで求める未来に近づいているんだ!

そういった実感を得ることができれば、理不尽はより楽しみやすくなります。

 

そもそも、理不尽をゼロにすることはできません。

お金を稼いだりスキルアップしたりするなら、どうしても理不尽が襲ってくるものです。

なので前進しようとするなら「理不尽を越える」経験は必須なのです。

 

なので理不尽を、キツい。。もう嫌だ。。とネガティブに捉えることなく・・

この程度なら何てことない!むしろ越えるのが楽しい!とポジティブに捉えることができれば・・

「理不尽を楽しむ」ことは実現しやすいのではと思います。

楽しい!という「洗脳」に気をつける

理不尽を楽しむことができれば、それは良いことなのですが・・

世の中には「理不尽が楽しい」という洗脳をしてくる人や組織があって、ここは要注意です。

 

イメージ的にはブラック企業とか、ゴリゴリの体育会系とかですね。

「ほうら理不尽だぞ?楽しいだろう?」と押し付けられて・・

「はい!楽しいです!」しか返答を許されないわけです。

私自身、昔よく経験しました。。笑

 

具体的には・・

  • 帰りがこんなに遅くなるなんて、楽しい!
  • こんなに膨大な業務を担当できるなんて、楽しい!
  • 先輩に怒鳴ってもらえるなんて、ありがたい!楽しい!

こういった考え方を、さまざまな方法で刷り込まれるわけですね。

しかしこれは洗脳なので、染まっては駄目なのです。

 

なぜ、理不尽を楽しめ!なんて洗脳をしてくるの?

そのほうがいわゆる「上」にとって、都合がいいからです。

理不尽な仕事を笑顔でやる人が増えれば、上はラクができますので・・それはそうですよね。

 

自分の自由意志で、心の底から理不尽を楽しめるなら、それは問題ありません。

しかし理不尽が楽しい!という感覚は、実は洗脳から来ている場合があり・・

その場合は、その方向に進んでしまうとかなりヤバいことになりますので、ここは注意です。

「楽しんではいけない」タイプの理不尽もある

理不尽は楽しむことは、もちろん可能なのですが・・

楽しんではいけない」タイプの理不尽もあって、ここは楽しまないよう注意です。

 

例えば・・理不尽にギリギリまで追い詰められている場合、です。

意味もなくさせられる長時間労働に、体を壊しそうになっている場合など、ですね。

 

そんなふうに追い込まれた状況では、アドレナリンが出て、楽しいと勘違いしてしまう場合があります。

しかしそれは楽しいのではなく、実は追い込まれてハイになっているだけです。

言うなれば殴られすぎて、痛みが気持ちよくなっているような状態です。

 

そういった状況では、楽しんでいる場合ではありません。

まずは「これは理不尽なことだ」と正しく認識し、正気を保ち・・

そして一刻も早く、抜け出すための行動を始めなければいけないはずです。

 

 

もしくは成長につながらない理不尽も、楽しんでいる場合ではありません。

その理不尽をどれだけ経験しても、いっこうに状況が好転しないのなら・・

それは浴びるだけ無駄ですので、楽しむよりもさっさと「排除」する方向で動くほうが得です。

 

 

そして世の中には「楽しむのが難しい」理不尽というものもあります。

どうあがいても、ポジティブに捉えるのは無理なタイプとかですね。

 

そういった理不尽は、楽しむより「受け入れる」ほうが有効な場合もあります。

理不尽なことを何とかして受け入れたいけど、なかなか受け入れられない・・こんな時に有効な考え方を解説しています。

どうにもならない理不尽をうまく「受け入れる」方法は、上の記事で解説したのですが・・

楽しむのが難しいタイプの理不尽は、無理に楽しもうとせず「受け入れる」方向でいくと、うまくいくかもしれません。

 

 

今回は理不尽を楽しむことはできるか?をテーマにお話ししました。

理不尽フリー生活を得る方法
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「ブログ」の始め方を解説しています。
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「インデックス投資」の始め方を解説しています。
運営者:りふりーびと

 

プロフィール画像

 
仕事、人間関係、お金、健康・・あらゆる面での「理不尽フリー」を追求する人です。

ブログ運営・投資・独立などにより、すでにある程度は達成済み。

【年齢・性別】30歳台後半、男性

【本業】
◇現在:企業の産業医など
◇元:総合病院の内科医・研究員
◇医局から独立し3年目

【副業】
◇ブロガー
(13万PV/月のブログを運営)
◇インデックス投資(歴7年)

【その他の特徴】
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
◇趣味は自転車
 
TwitterPinterest
 

カテゴリー
サイト内検索
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ