特化ブログ・雑記ブログ・属性ブログはどれを選ぶ?それぞれの強みを解説!


清冽な山脈

これからブログを始めようかな?

もしくはブログ、どうやって伸ばしていこう?と考えたとき・・

 

「特化ブログ」「雑記ブログ」「属性ブログ」の、どの方向性でいこう?

というのは、重要なポイントです。

 

ブログには大きく分けて、この3つのタイプがあります。

そしてそれぞれ伸ばす難しさとか、収益性とか、どんな人に向くか?とか・・

いろんな要素が、もう全然違ってきます。

 

私自身はこれまでに、2つの特化ブログを作ったことがあります。

そして現在、属性ブログに挑戦中です。

そしてこういった方向性は、いろいろと考え抜いた末に選んだものだったりします。

 

なのでこの記事では、特化・雑記・属性ブログ、選ぶ方向性はどれ?

それぞれの強み・弱みとか、どんな人が選ぶべきか?といったことを知りたい!

そんな疑問に答えていきます。

特化ブログは「収益性」、雑記ブログは「継続性」が高い

特化ブログと雑記ブログ、どっちにしよう?

は、北に行くか?南に行くか?くらいにブログの方向性を変える、超重要な選択肢です。

 

そしてまず一番大事なポイントだけ、ざっくり解説すると・・

 

POINT
  • 「収益性」を重視するなら特化ブログ

 

  • 「継続性」を重視するなら雑記ブログ

 

です。

特化ブログは「収益性」が高い

積み重なったコイン

特化ブログは雑記ブログと比べて「収益性」が高いです。

 

なぜか?

読者が「購入から近い」から

ですね。

 

たとえば私自身は、自転車特化ブログを運営しているのですが・・

このブログを訪れる人はほぼ全員が「自転車に興味がある人」です。

なので・・「自転車パーツなど、自転車にかかわるアイテムを買おうかな?」といった意図が最初からあります。

 

まあ、どんなテーマでもそうですよね。

釣りブログを訪れる人は、釣り竿の広告を見せると食いつくでしょうし・・

FXブログの読者は「FXの買い方のコツ」を見れば興味を持つはずです。

 

そして、最初から購入意図があると・・

もちろん、買ってもらえる確率は上がってきます。

具体的には、「広告のクリック率:CTR」や、その後の「商品購入率:CVR」が上がってくるわけですね。

 

そして、よく購入されるようになればもちろん、それだけ収益性は上がります。

 

 

逆にここは、雑記ブログが弱いところです。

雑記ブログは、さまざまなテーマを盛り込むわけですが・・

 

例えば「テニス・FX・犬のペット」に興味がある人が、それを盛り込んだ雑記ブログを書いた場合・・

テニス好きの人がテニス記事から訪れたとして、その人の目の前に「おすすめFX」「犬の飼育アイテム」とかが広がるわけです。

興味の無いものを訴求されるわけなので・・もちろん普通は、購入率は低くなりますよね。

 

 

実際に、高い収益性を出している!とわかっているブログを見ていくと・・

自分が見た範囲だと、ほとんどが特化ブログでした。

収益が出ている雑記ブログもありますが・・
この弱点を、きっちりフォローする必要はあるようですね。

 

 

「収益性」はブログを続ける意義にも関わってくる、トップクラスの重要ポイントです。

そしてここにアドバンテージがある!というのが・・

特化ブログのいちばん強力なメリットなのでは、と思います。

雑記ブログは「継続性」が高い

継続を示す矢印

対して、雑記ブログは「継続性」が高いです。

ブログを長期間、やめずに続けやすい・・ということですね。

 

ブログで高い結果を出すためには、通常、何年もの継続が必要です。

なので続けやすさは、強力なメリットになります。

 

なぜ、雑記ブログは続けやすいのか?

何でも書けて、ネタ切れが起きにくいから

です。

 

特化ブログだと・・たとえば自転車ブログなら、自転車のことしか書けません。

なのでサドルについて、ペダルについて、乗り方、道選び、メンテナンス法、と書いていくわけですが・・

 

このテーマが尽きたとき、もうこれ以上書けない!となっていくわけです。

自転車ブログだともちろん「自転車ネタなくなったから、次はお金について書こう」とかはNGですよね。

 

逆に雑記ブログだと、ネタ切れはまず起きないです。

料理、ペット、お金、映画、旅行、芸能人ネタ、漫画、ゲーム、仕事などなど・・

自分がかかわるすべてのテーマを扱えるわけですので、いくらでも書けることは出てくるはずですね。

 

ブログは「続ける」が、一番と言えるほどのハードルです。

続けることさえできれば、いつかは結果を望めますし・・

続けることができないなら、結果を出しようがありません。

 

なので「続けやすい!」というのは特化ブログと比べた場合の、
雑記ブログの大きなアドバンテージになります。

「特化ブログのメリット」を、さらに解説

特化ブログと雑記ブログの違いについて、まずいちばん重要なポイントを解説しましたが・・

この2つにはもちろん、それ以外にもいろいろな違いがあります。

その中でもまずは「特化ブログ側の、それ以外のメリット」を解説してみます。

 

特化ブログの「収益性が高い」以外のメリットを列挙してみると・・

①:「関連記事」が多くなる

②:「回遊率」が上がる

③:何を書けばいいか、迷いにくい

 

という感じです。

①:「関連記事」が多くなる

特化ブログにすると、ブログ内に「関連記事が多く」なります。

 

たとえば自転車ブログだと、

「ペダルの記事」「ホイールの記事」「サドルの記事」「ハンドルの記事」・・みたいな記事の増え方をしていきます。

そしてそれぞれ「自転車パーツ」の記事として、関連していますよね。

 

そして「関連記事が多いと、そのエリアで伸びやすくなる」というのは、SEOでは一般的な考え方です。

なので自然に関連記事が増えていく特化ブログは、伸びやすくなる!

・・となることが見込めるのです。

 

これが雑記ブログだと、テーマがばらばらになりやすいです。

なのでこの「関連記事が多い」ことによるメリットは、受けにくくなります。

②:「回遊率」が上がる

特化ブログだと「回遊率」が上がりやすいです。

 

たとえば自転車特化ブログで、300記事を書いたとするなら・・

当然「自転車にかかわる記事」だけが、300記事ある状態になります。

 

そして自転車ブログなら基本的に、自転車に興味ある人だけが集まります。

なので訪れた「自転車に興味ある人」の目の前に・・

「自転車にかかわる記事」だけが300記事、広がる状態になります。

こうなると他の記事もクリックされやすくなり・・「回遊率」は上がるわけです。

 

そして回遊率が高いとグーグルに高く評価されやすくなる、と言われています。

訪れた人が1記事しか読まないサイトと、平均2記事を読むサイト・・

価値が高そうだな・・と評価されるのは、後者ですよね。

 

なので特化ブログは回遊率を軸に、SEO的な評価も高くなる!

ということも見込めます。

③:何を書けばいいか、迷いにくい

何を書けばいいか?が、明確になりやすい!

というのも、特化ブログのメリットです。

 

自転車ブログを、何度も例にあげますが・・

たとえば自転車!というテーマがあれば、何を書けばいいかわかりやすいですよね。

 

パンク修理のコツ!とか、ふらつかずに乗る方法とか、自転車の選び方とか・・

テーマを決めてしまえば、書くべきことはだいたい決まってくるはずです。

 

これが雑記ブログ、つまり「何でも書いていいよ!」となると・・

逆に、なに書けばいいかわからない!となるかもです。

 

読書感想文なんかでも、課題図書があれば書きやすいですが・・

何読んで何書いてもいいよ!と言われると、むしろ書きにくくなる。。

というのと、似てるかもしれません。

 

ここは、限定されてるほうが進みやすいか?自由なほうが進みやすいか?という、
「性格のタイプ」の話にもなるので、一概にどっちが良い!とは言いにくいですが・・

書くことが決まってるほうが、筆が進みやすい!

そういうタイプの場合には、特化ブログの「書くべきことがはっきりしている」がメリットになると思います。

「雑記ブログのメリット」も、さらに解説

では・・雑記ブログ側のメリットは、「続けやすい」以外に何がある?

①:「トレンド」に乗りやすい

②:楽しみやすい

 

が挙げられます。

①:「トレンド」に乗りやすい

「トレンドに乗る」ことができれば、短期間で、大量のアクセスが見込めます。

たとえばバズっているキーワードとか、大きなニュースとか・・

そういったものを先取りして記事を書き、大きな検索流入を狙う・・といったスタイルです。

 

そしてこのやり方には、雑記ブログの方が向いています。

たとえば自転車特化ブログの場合は、自転車のことしか書けないですので・・

例えば「タピオカが流行った!」といったタイミングで、それに乗ることはできませんよね。

 

しかし雑記ブログの場合、書けるテーマに制限はありませんので・・

タピオカが流行ったなら「__市でおすすめのタピオカ店!」、芸能人の不倫が報道されたなら「__の不倫について、最新情報を解説!」

みたいな記事を書いて、大きく伸ばす!を狙いやすいです。

 

トレンド狙いには「長期的な効果は見込めない」というデメリットがありますが・・

「短期間で爆発的に伸ばせるかも」という、なかなか魅力的なメリットがあります。

なので幅広い範囲でトレンドを狙っていきたい!と思うのなら、雑記ブログのほうが強いかもしれません。

②:楽しみやすい

「楽しみやすい」も、雑記ブログ側のメリットになりやすいです。

 

テーマが限られていて、それ以外書いてはいけない!という場合と、

自由に、経験でも思ったことでも、何でも書いていいよ!という場合・・

書いていて「楽しい」のは自由な場合なのでは、と思います。

 

たまたま美味しい屋台を見つけて「あ、これブログに書きたい!」と思ったとして・・

テーマが違う特化ブログをやっているのなら、それを書くことはできません。

しかし雑記ブログなら何でも書いていいわけですので、
「書きたい欲」のおもむくまま、あらゆるテーマのことを自由に書けるわけです。

 

もちろん「楽しさ」なんてものは人それぞれですので、ここはあくまで一般論になります。

場合によっては「制限されているほうが楽しい!」という場合もあるでしょう。

 

しかし雑記ブログの「自由に何でも書ける!」を、楽しいと感じるのなら・・

それができる!というのは雑記ブログ側の、アドバンテージになってきます。

「雑記から特化へ」もアリ!

雑記ブログ?特化ブログの選択では・・

「収益をあげる」「短期間で伸ばす」といった視点でみると、
やっぱり、特化ブログのほうが有利だと思います。

 

とはいっても・・やっぱり、雑記ブログがやりたい!

雑記ブログで収益をあげる方法は無いの?

というのも、もしかしたら気になるところかもです。

 

なので、ここにお答えしておくと・・

まずは雑記ブログをやって、伸びたところに特化していく

というのもアリです。

 

たとえば自分の興味あるテーマが「登山・投資・音楽・グルメ」で、それらを盛りこんだ雑記ブログを作ったとしたら・・

すべてのテーマが均等に伸びることはなく、おそらく伸び方に「偏り」が出ると思います。

 

なので例えば「グルメ」だけが、明らかに伸びだしたとしたら・・

これらの中だと、グルメに高い需要があるわけですので、
グルメ記事を多く書いていく!ということです。

 

この方向で進めていくと、そのうち「伸びたテーマの記事が多い、半特化ブログ」みたいになっていきます。

さらに、伸びたところだけを伸ばしていくと・・最終的には、特化ブログと変わらない感じになります。

 

じゃあ、最初からグルメに特化すればいいのでは?と思われるかもですが・・

もちろん最初の段階では、どのテーマが伸びるか?は分からないものです。

 

なので、どれが伸びやすいのか?を現実を通してテストし、実際に伸びたところを狙える!

というのが、この方法のメリットです。

 

 

もちろん、さまざまなテーマを同じように扱う「純粋な雑記ブログ」のままで、収益をあげる!

というのも難易度は上がりますが、けっして不可能ではないでしょう。

なのでもちろん選択肢としては、それもアリなのですが・・

 

とはいえ「雑記ブログから始めて」「できるだけ効率よく伸ばす」・・

そう考えていくなら、この「雑記から特化へ」が第一選択になってくるな、と思います。

「属性ブログ」という選択肢

「特化ブログ」「雑記ブログ」は、ブログの2大スタイルとして語られやすいですが・・

「属性ブログ」という、第3のスタイルもあります。

 

属性ブログって、どんなスタイルなの?

年齢・性別・考え方といった「属性」で絞るブログ

一文にすると、そんな感じです。

 

具体的な「属性」をいろいろ挙げていくと・・

「年齢」「性別」「性格」「職業」「立場」「年収」「住む場所」「配偶者・子どもの有無」「考え方」

そのあたりでひとつひとつ、絞っていけますね。

 

試しにひとつ、属性を設定してみると・・

「30-50歳台の男性銀行員で、独身、平均年収程度、立場は一般社員よりは上で部長よりは下、窮屈な銀行員生活が嫌で、いつか独立し自由に仕事したいと思っている人」

ちょっと長々としましたが、そんな感じですね。

そしてこの属性の人をターゲットとして、記事を書いていくわけです。

 

こんなふうに属性を絞っていけば・・

完全に自由に書く「雑記ブログ」に比べると、ターゲットが絞られた、伸ばしやすいブログになるはずです。

そして回遊率アップと言った「絞りによるメリット」もある程度、受けられるようになります。

 

そして属性は基本的には「現在の自分」もしくは「過去の自分」を軸に設定すると、うまくいきやすいです。

たとえば自分自身が独身だとして・・

ターゲットを「配偶者あり、子ども2人以上あり」とかに設定しても、そういう人の事情はわかりにくいですよね。

 

マネタイズに関しても、たとえば上の例でいくなら「独立のためのブログ運営」「独立のための株式投資」といった方向性で、開拓できると思います。

株式投資を専門に扱う特化ブログ!とかに比べれば、どうしても収益性は落ちてしまいますが・・

 

 

属性ブログって、どんなときに採用するの?

これは私自身の実例なのですが、「特化ブログにしたけど、そのテーマだけでは伸ばせないと分かった時」とかですね。

そういう場合は「その特化テーマも含めた対象になるような属性」を狙えば、もうちょっと広い範囲で伸ばしていける・・といった感じです。

 

もしくは「特化ブログだとネタ切れしそうだけど、雑記ブログほどテーマを広げたくない」場合、とかです。

属性ブログは「特化ブログと雑記ブログの中間」みたいな性質もありますので・・

特化ブログで進めていく自信が無いけど、ある程度は絞りたい・・という場合も、選択肢となります。

 

特化ブログと雑記ブログ、どっちもちょっと、しっくりこないなぁ・・

ともし感じるのなら、第3の選択肢「属性ブログ」を検討してもいいのでは、と思います。

「複数タイプを運営」は、どう?

運営するブログは必ずしも「ひとつに絞る」必要は無いです。

なので「いろいろなタイプの、複数のブログを運営」する!

も、もちろんアリな選択肢です。

 

たとえば2つ運営するなら「特化ブログ & 雑記ブログ」とか・・

もしくは「特化ブログ & 属性ブログ」とか「特化ブログふたつ」みたいに、
自由に組み合わせて運営することができます。

 

そしてこの組み合わせによっては、それぞれのタイプの「弱点を打ち消せる」場合もあります。

 

たとえば「特化ブログ & 雑記ブログ」という組み合わせだと・・

選んだ特化テーマのことはもちろん、すべて特化ブログに書き込んで、
「それ以外のこと」が書きたくなった場合に、雑記ブログ側でカバーする!

みたいな感じですね。

 

実際に私自身、現在は「特化ブログ & 属性ブログ」の組み合わせで運営することで、
特化ブログならではの弱点を打ち消せるように組んでいます。

 

もちろん、複数運営するデメリットとして「力が分散するので、伸びが遅くなる」といったものはあります。

なのでまだブログを始めたばかり!といったタイミングでの、複数運営はおすすめしませんが・・

 

しかしある程度ブログに慣れてきて、特化テーマのことばかり書いて飽きたなぁ、となったりしたら・・

他の特化ブログを足すとか、雑記ブログを足すとか・・そうやって「デメリットの相殺」を狙っていく!というのも、アリな方向性だと思います。

 

 

今回は特化ブログ・雑記ブログ・属性ブログ、どれを選ぶ?をテーマにお話ししてみました。


運営者:ゆう

 

プロフィール画像

 
仕事、健康、人間関係、お金・・あらゆる面での「理不尽フリー」を目指す人です。

【年齢・性別】30歳台、男性

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【特徴】
◇医局から独立し2年目
◇ブロガー
9.5万PV/月のブログを運営)
◇インデックス投資歴7年
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
 
TwitterPinterest
 

カテゴリー
サイト内検索
特殊ページ
最近の投稿

ページの先頭へ