転職3ヶ月の壁を乗り越える方法

壁をぶっ壊すサラリーマン

転職3ヶ月目には、壁がある!

転職3ヶ月の壁がキツい。

転職3ヶ月の壁を越えられなくて、辞めてしまった。。

 

「転職3ヶ月の壁」というのは、たびたび使われる言葉です。

「入社3ヶ月の壁」とか、別の呼ばれ方をすることもありますね。

 

そしてこの記事を読んでいるあなたも、もしかしたら転職3ヶ月の壁にぶち当たって・・

どうしたら乗り越えられるか?と試行錯誤しているところかもしれません。

 

もしくは、転職した直後にいろいろ上手くいかなくて、これって何で?と調べてみて・・

そして「転職3ヶ月の壁」という言葉を知り、その流れでこの記事を読んでいるかもしれませんね。

 

私自身、これまでの人生で何度か転職したのですが・・

確かに最初の数ヶ月間は、毎回いろいろな面で苦労しています。

恐らくそれが「転職3ヶ月の壁」で、自分の場合は何とか乗り越えられたということでしょう。

 

なのでこの記事では、転職3ヶ月の壁とはそもそも何?

具体的に、どんな要素が「壁」となるの?

転職3ヶ月の壁を乗り越えるには、どうすればいい?

といったところを解説していきます。

転職3ヶ月の壁とは?

転職3ヶ月の壁とは、そもそも何?

まずはここから解説していきます。

 

転職3ヶ月の壁とは・・

転職1日目から転職3ヶ月までにかけて、何度も行く手を阻んでくる壁

こんな捉え方をして、大きな間違いはないと思います。

 

転職一年目は特に辛い、と言われることも多いものですが・・

中でも「3ヶ月目まで」には、特別に高い壁があるものです。

 

転職3ヶ月の壁と聞くと、「3ヶ月地点だけ」にあるとイメージされるかもしれませんが・・

実際には入社時から3ヶ月目までに幅広くあり、何度も何度もぶつかる感じです。

初日から3ヶ月目までがずっとキツい、ということですね。

 

転職3ヶ月の壁にぶつかってしまうと、乗り越えるのはすごく大変ですし・・

中には乗り越えることができず、辞めてしまう人も多いです。

 

そして3ヶ月の壁と言うからには、「4ヶ月目」からはなくなります。

もちろん4ヶ月目以降も、キツいこと自体はいろいろありますが・・

3ヶ月目までに「特別な」壁があるということですね。

壁の種類とか、壁の高さが「それ以降」とは違ってくるということです。

 

じゃあ、転職3ヶ月の壁の「具体的な要素」にはどんなものがあるの?

  • 仕事に慣れることができない
  • 新しい人間関係のストレス
  • 環境が変わりすぎた
  • 前の職場のほうが良かった

こんな感じです。

転職3ヶ月の壁①:仕事に慣れることができない

転職したものの、仕事に慣れることができない・・

これが転職3ヶ月の壁の、いちばんありがちな要素です。

 

転職してから3ヶ月というのは、「仕事に慣れるための期間」になってきます。

転職してすぐにバリバリ働ける!なんてケースは稀で・・

普通は少しずつ新しいことを覚えたりと、準備が必要なものですよね。

そしてある程度動けるようになるまでには、まあ3ヶ月くらいは掛かるのが普通だと思います。

 

そしてこの期間に何の障害もなく、スムーズに仕事を習得できればOKです。

しかし仕事が自分に合わず、なかなか習得できなかったり・・

うまく業務を進められず、それがストレスになったりすることはあります。

そしてそれらが、仕事を続けていく「壁」になるわけですね。

 

この「慣れるまでのストレス」は、転職したばかりの頃がいちばん強いですし・・

個人差もあるでしょうが、転職3ヶ月後くらいまでは続くことが多いと感じます。

逆に4ヶ月以上も経ってしまえば、仕事にもだいぶ慣れますのでストレスも減るわけですね。

 

そしてこの「慣れるまでのストレス」がキツすぎて、うまく仕事を続けらなくなったり・・

慣れるのは無理だ!と判断し、退職の判断にまで追い込まれてしまったり・・

こういうのが、転職3ヶ月の壁のひとつになってきます。

転職3ヶ月の壁②:新しい人間関係

転職後の「新しい人間関係」が、ストレスになってしまう。。

ここも、転職3ヶ月の壁となることがとても多いです。

 

転職するともちろん、仕事上の人間関係は一新されます。

そしてフレッシュな人間関係になるのは、もちろん良い点も多いのですが・・

新しくなった人間関係が「デメリット」をもたらすことも、もちろんあります。

 

特に3ヶ月くらいまでの間は「馴染む」のが大変という面が強いです。

転職したばかりの頃は、上司や同僚とうまくやっていけるよう試行錯誤するものですが・・

特に人見知りな人(私もそうです)にとって、それはものすごいストレスの掛かることです。

 

さらに、そこにパワハラ上司といった悪い人間関係が紛れてしまった場合・・

当然、それによる強力なストレスも加わってきてしまいます。

特に最初のうちは、その上司のうまいかわし方といったものが分からないので負担が大きいですね。。

 

なので転職してみたものの、新しい人間関係にどうしても馴染めず・・

そしてそれが壁となってしまい、うまく仕事を続けられなくなってしまった。。

そういう例は見渡す限り、たくさん見つけることができます。

 

そして「新しい人間関係」も3ヶ月もすれば、慣れてくるものです。

なのでここもやっぱり、転職した当初から3ヶ月目くらいまでが一番キツくて・・

3ヶ月を過ぎてしまえば、だいぶラクになることが多いところです。

なのでここも、典型的な「転職3ヶ月の壁」のひとつと言えるでしょう。

転職3ヶ月の壁③:環境が変わりすぎた

転職によって、環境があまりにも変わりすぎた・・

これも、転職3ヶ月の壁となりやすい要素です。

 

転職すれば、生活のほとんどの要素が変わります。

職場自体はもちろん、通勤路とか、始業・終業時間とかも変わりますし・・

場合によっては、住む場所そのものやプライベートの人間関係も変わります。

 

そして「新しい環境」というのは、ストレスになりやすいものです。

これはもう、ほとんどの人がおそらく経験していることだと思います。

たとえば仕事と関係ない「引っ越し」の直後なんかも、それなりのストレスになりますよね。

 

人間は新しい環境に移されると、「適応」しなければいけません。

新しい通勤路ひとつ取っても、迷わないよう覚えなければいけませんよね。

そしてそういった「新しい」の積み重ねは、場合によってはキツいものなのです。

 

逆に言えば「変わらない環境は安らぎを生む」、とも言えるでしょう。

いつもの仕事、いつもの食事、いつもの道、いつもの遊び場・・

刺激的ではありませんが、新しいことを考える必要も無く、安らげるものになるはずです。

 

そして新しい環境のストレスは、それ単体ではそこまでの負担にはなりませんが・・

「仕事のキツさ」とのダブルパンチとなった時、より深刻になるかもしれません。

仕事で追い詰められているときは、ちょっとした追加ストレスもこたえるものですよね。

 

そして新しい環境も、転職したばかりだと大変なものですが・・

3ヶ月も経ってしまえば順応し、さほどのストレスではなくなってくるものです。

なのでここも3ヶ月目まで特有の、「転職3ヶ月の壁」の要素だと言えるでしょう。

転職3ヶ月の壁④:前の職場のほうが良かった

前の職場」のほうが良かった!と懐かしんでしまう・・

これも、転職3ヶ月の壁のいち要素となります。

 

転職したばかりというのは、「前の職場」のイメージが色濃く残っています。

そして転職先の職場があまり合わず、「前の職場」のほうがずっと快適だった場合は・・

ああ、前の職場は良かったなぁ・・と、比較し落ち込んでしまう感じになります。

ホームシックならぬ「前の職場シック」みたいな感じですね。

 

この要素は、前の職場に嫌気がさして辞めた場合はまず起きず・・

うまく働けていたけど、事情でやむを得ず転職した場合に起きやすいものです。

 

前の職場が良かったというのは、雰囲気が良かったというのもあるでしょうし・・

前の職場ではスムーズに動けていたけど、今の職場では全然だ。。みたいに感じることもあるでしょう。

そしてどの場合でも、フラストレーションが溜まってしまうはずです。

 

しかし「前の職場」もさすがに3ヶ月も働けば、気にならなくなっていくものです。

なので3ヶ月目くらいまで限定で、心を悩ませる・・

やはりこの要素も「転職3ヶ月の壁」のひとつ、と言えるでしょう。

転職3ヶ月の壁を越えるには

転職3ヶ月の壁には、挙げてきたような要素があり・・

これに飲まれてしまうと、まだ3ヶ月も経っていないのに働けないほど追い詰められたり・・

もしくは3ヶ月を待たずして、退職を選ぶしか無い状態になることもあります。

 

しかし、せっかく転職してきた職場・・

まずは何とかして、働き続けようと思うのが基本になるでしょう。

なのでここでは転職3ヶ月の壁の「乗り越え方」を考えてみます。

 

そして、転職3ヶ月の壁を越える方法は・・

3ヶ月間、耐える

基本的に、以上となります。

 

それができれば「転職3ヶ月の壁」に限っては、絶対に乗り越えられることになりますよね。

もちろん4ヶ月以降にも壁はありますが、それは「転職3ヶ月の壁」とは別物ですので・・

3ヶ月目まで特有の問題であれば、3ヶ月のあいだ耐えることができれば自然に解決します。

 

そんなの言うまでもない、当たり前のことなのでは?と思われるかもしれませんが・・

転職3ヶ月の壁の真っ只中に居るときは、「これが永遠に続くのか?」みたいな思考になりがちなものです。

追い詰められると、なかなか広い視野から見られなくなるからですね。

そしてそうなるとメンタルがどん底に沈んでしまい、潰れてしまうかもしれません。

 

しかし、「これは3ヶ月目まで特有の問題なんだ!」とちゃんと認識することができれば・・

3ヶ月くらいの期間限定なら、何とか耐えることもできるはずです。

そのくらいの短い期間なら、「気合」や「根性」に頼るのもなかなか有効でしょう。

 

具体的には「仕事に慣れない」という問題は、それなりに仕事を続ければ自然と解決しますし・・

「新しい環境に慣れない」も、新しい環境で生活していればそのうち慣れます。

 

逆に3ヶ月という「短い期間特有」の問題に、やり方を変えてまで無理やり対応しようとすると・・

むしろ状況に混乱を生んでしまい、かえって良くないかもしれません。

 

なので転職後にキツいことがあり、それが「転職3ヶ月の壁」だと確信できたなら・・

それが「恐らく3ヶ月もすれば終わる」ということをちゃんと認識し、とりあえずは耐える!

これが、第一の選択肢になってくるのでは・・と思います。

転職3ヶ月の壁が「あまりにも高すぎる」場合は

転職3ヶ月の壁は、3ヶ月耐えれば乗り越えられるわけですが・・

しかし、この壁が「あまりにも高すぎる」ケースもあります。

キツすぎて、3ヶ月耐えることさえとても無理!みたいなケースですね。

 

具体的には、とんでもないパワハラ上司が幅をきかせている場合とか・・

違法残業当たり前で残業代も出ない、とんでもないブラック職場だった場合とか・・

もしくは自分の望んだ仕事とあまりにも違いすぎで、アレルギーのようになっている場合とかです。

 

こういった場合は3ヶ月我慢するというのも、なかなかつらいものですし・・

さらに3ヶ月耐え抜いたところで、状況が改善するとも思えないものです。

 

もちろん状況は人それぞれで、「そんな職場でも働かざるを得ない」場合もあるでしょう。

しかしもし可能なら、そういった状況では3ヶ月と言わずに、1日も早く辞めるのが選択肢になります。

転職3ヶ月の壁を越えたところで、将来なんて見込めないからですね。

 

転職先探しや、転職サイト選びといったノウハウは、

準備中画像

上の記事で書いているのですが・・

 

もちろん「短期間で辞めるリスク」といったものと隣り合わせにはなりますが・・

転職後3ヶ月勤めるのも無理なくらいひどい職場は、もちろんできる限り早く離れたいものです。

なので可能な範囲で、そのための行動を進めてみるのがおすすめです。

 

 

今回は転職3ヶ月の壁を乗り越える方法をテーマにお話ししました。

理不尽フリー生活を得る方法
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「ブログ」の始め方を解説しています。
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「インデックス投資」の始め方を解説しています。
運営者:りふりーびと

 

プロフィール画像

 
仕事、人間関係、お金、健康・・あらゆる面での「理不尽フリー」を追求する人です。

ブログ運営・投資・独立などにより、すでにある程度は達成済み。

【年齢・性別】30歳台後半、男性

【本業】
◇現在:企業の産業医など
◇元:総合病院の内科医・研究員
◇医局から独立し3年目

【副業】
◇ブロガー
(13万PV/月のブログを運営)
◇インデックス投資(歴7年)

【その他の特徴】
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
◇趣味は自転車
 
TwitterPinterest
 

サイト内検索
カテゴリー
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ