検索順位が急に落ちたときの復活方法を解説!

激減するグラフ

順調に、ブログを運営していたのに・・

PV、すこしずつアップしていたのに・・

 

検索順位が、急に落ちた!!

 

ブログを、真剣に運営しているのであれば・・

考えるのも恐ろしい、ぞっとするイベントですよね。

 

私自身、つい最近、検索順位が激減してしまいました。

そして必死で原因を特定し、改善して・・

何とか検索順位を戻せた、ということがありました。

 

とはいえ、理由もなく検索順位が激減する!というのは、基本的には起きません。

順位がやたら下がるときは、だいたい何らかの「原因」があって・・

そしてその対処法を知れば、さくっと戻せる!なんて場合も多かったりします。

 

なのでこの記事では、検索順位が急に落ちたときはどうすればいい?

原因はなにがあり得る?対処し、復活する方法はあるの?

といったところを解説していきます。

「コアアップデート」が無かったか確認

検索順位が急に落ちたときの、原因・・

その筆頭が、コアアップデートです。

 

コアアップデートは、グーグルが「検索順位を決めるため基準」を、改良のため変える!というもので・・

基準が変わるのでもちろん、検索順位が変わります。

そしてもちろん、検索順位が激減!も起こり得ます。

 

コアアップデートの頻度は、時期によっても変わりますが・・

だいたい年に数回とか、そのくらいで行われていますね。

 

コアアップデートの影響は本当に大きく・・

PVが半分に!ほぼゼロに!なんてレベルの減少も、ふつうに起きたりします。

なので検索順位が急に落ちたなら、真っ先に確認するべきポイントですね。

 

とはいえ、ここはチェックが簡単なところでもあります。

コアアップデートが実際にあったのか?無かったのか?を調べ・・

無かったのなら、順位低下の原因はコアアップデートでは無い!とはっきり分かるからですね。

 

コアアップデートがあったのか?といった最新情報は・・

ツイッターで「コアアップデート」と検索すれば、わかります。
(リンクをクリックすると、ツイッターが開きます)

 

もしコアアップデートがあったのなら、コアアップデートがあった!というニュースとか・・

もしくはPVが激減し、サイトが飛んだ!というツイートとかが、溢れているはずです。

コアアップデートの直後、ツイッターはだいたい阿鼻叫喚になるのです。。笑

 

グーグル検索などでチェックしてもいいですが・・

ツイッターと比べると、情報が出てくるのがちょっと遅いですので、あくまでおすすめはツイッターですね。

 

そしてチェックの結果、そのタイミングでコアアップデートは無かったのなら・・

今回の検索順位ダウンは別の原因、ということになります。

 

 

そして、コアアップデートが低下の原因だろうな、となった場合・・

回復するためには、かなりの努力が必要になります。

 

ちょっと、ハードな言い方にはなりますが・・

グーグルの新しい基準に、あなたのサイトが合っていないから落ちた、ということだからです。

 

そしてグーグルは、検索順位を決める「基準」を公表はしていません。

なのでいろいろな情報を見ながら、こうすればもっと良いサイトになるかな?

グーグルに認められるサイトになるかな?というのを、試行錯誤していくしか無いのです。。

 

そしてその試行錯誤は、年単位になってしまうことも、ざらですね。。

 

とはいえ、検索順位がいきなり落ちた!という場合・・

コアアップデートがあったのでは?は、真っ先に見ておくべきところです。

サーチコンソールで「ペナルティ」をチェック

検索順位がいきなり落ちた場合・・

SEO上の「ペナルティ」も、すぐに見るべきところです。

 

検索順位は、グーグルがつけているわけですが・・

グーグルはサイトにペナルティを与え、検索順位を激減させる!という場合があります。

 

そしてペナルティは、サーチコンソールで確認できます

なので検索順位が落ちたときは、とりあえず見ておくべきなんですね。

 

具体的には・・「手動ペナルティ」というのは、有名です。

手動という名のとおり、グーグルの「中の人」がサイトを見て・・

このサイト、悪いところがあるから落とす!と、手動でつけるペナルティのことです。

 

そして手動ペナルティを受けているか?いないか?は・・

サーチコンソール画面

サーチコンソールの、この「手動による対策」というところから確認できます。

 

問題がなければ、

サーチコンソール画面

こんなふうに「問題は検出されませんでした」と出るはずです。

 

私自身は、手動ペナルティを受けたことはありませんが・・

受けた場合はここに「問題を検出しました」の文字とともに、詳細が表示されるようですね。

 

そして手動ペナルティは「重いペナルティ」として有名です。

多くの場合で全体的に、検索順位が激減するようですね。

なので最優先で、何としても解除しなければいけないのです。

 

受けたときは、サーチコンソールに原因が書かれているはずですので・・

そこを修正して、再審査の申請、ですね。

サーチコンソールで「エラー」をチェック

サーチコンソールでは、SEO上の「エラー」を見つけることもできます。

そしてエラーがあると、直すまで強制的にサイトの「検索結果への表示回数」を落とされてしまったりします。

そうなると当然、PVも落ちてしまいますね。

 

ありがちなのはモバイルユーザビリティのエラー、とかですね。

私自身、やってしまってPVを大きく落としたことがあります。。

 

実際に、エラーを起こしたときの記録をお示ししてみます。

エラーを起こしたときは、

サーチコンソールの表示

この「モバイルユーザビリティ」のところを参照すると、

 

サーチコンソールの表示

 

サーチコンソールの表示

 

サーチコンソールの表示

こんなふうに「テキストが小さくて読めません」「クリック可能な要素同士が近すぎます」のエラーが、100以上の記事に出現しました。

 

さらに悪いことに・・

サーチコンソールの表示

この「ページエクスペリエンス」から、URLにかかわるさまざまな情報が見られるのですが・・

 

サーチコンソールの表示

サーチコンソールの表示

こんなふうに、もとは100%だったモバイルの「良好URL」が、60%台にまで落ちてしまいました。

そして、それにともなってサイトの「表示回数」が激減してしまいました。。
(紫色のグラフが「表示回数」です)

 

もちろん、PVも減ってしまっていて・・

この原因に気づくまでは、大いに焦ったものです。笑

 

原因としては、数日前にスタイルシートを編集していて思い当たる点があったので、すぐに修正し・・

そこから数日で、表示回数もPVももとの水準に戻りました。

 

対応方法は、修正するべきところを修正し・・

サーチコンソールの表示

修正したら忘れずに、この「新しい検証を開始」のところから検証を依頼します。

 

一発では改善されないことが多く、

サーチコンソールの表示

こんなふうに「失敗しました」と出ることも多いので・・

さらに直すべきところがあれば直して、再申請、ですね。

 

グーグルのエラーは「誤検出」も多いようで・・

思い当たる点が無い場合は、なにも変更せず検証申請するだけで、エラーが消える場合もよくあります。

 

いずれにせよ、検索順位が急に落ちたときは・・

サーチコンソールでエラーを確認するべき、ということですね。

ここを見逃すと長期間、無駄にPVを削ってしまう、なんてことになりかねませんので。。

 

サーチコンソールで出るエラーで、特に重要な「モバイルユーザビリティのエラー」について、

サーチコンソールで「モバイルユーザビリティのエラー」が出たときの、解決策を具体的にお話ししています。

上の記事で解説しています。

 

その他、サーチコンソールにかかわる、検索順位が下がる原因について・・

グーグル自身のページ「サイトのトラフィックが減少した理由」にありますので、これも見ておくのがおすすめです。

サイトに「悪いSEO」を掛けてしまった

サイトに「悪いSEO」を掛けてしまった!

という場合も、検索順位が急に落ちることがあります。

 

悪いSEOというのは、検索順位を下げてしまうようなSEO施策、ということですね。

 

具体的には、たとえば重複コンテンツ・・

つまり他のサイトの内容を、引用タグ無しでコピペしてしまった、とか・・

 

もしくは悪い被リンクを受けてしまった、とかですね。

スパムサイトなどから大量の被リンクを受けると、SEO的にマイナスになることがあります。

 

こういうことをやると「自動ペナルティ」というものを受けて、検索順位が落とされてしまいます。

なのでタブーと言われるような「悪いSEO」をやらないように、注意するべきなんですね。

 

そして自動ペナルティは、上で挙げた「手動ペナルティ」と違って・・

サーチコンソールで確認できないものです。

 

なので検索順位が落ちたとして「もしかしたら、自動ペナルティかも?」くらいまでしか分かりませんし・・

自動ペナだと思ったとしても、具体的になにが悪かったか?は確実には分からないものなのです。。

 

なので、日頃からブログ作業の「修正履歴」を残しておくことをおすすめします。

たとえば何月何日に、ある記事に文章を加筆した、とか・・

何月何日に記事のタイトルを変更した、とかですね。

 

そうやって修正履歴を残しておくと・・

あきらかに検索順位が下がってきたときに、この修正が原因かな?とアタリをつけて、再修正できたりします。

 

逆に、修正履歴が無い場合は・・

なんで順位が下がったかまったく分からず、立ち往生することになりかねないです。。

 

まあ、いずれにしても・・

「SEOの基本」に立ち返り、ちゃんと価値あるコンテンツを積むようにする!

とかが地味ですが、いちばん有効かもしれませんね。

 

と・・「悪いSEO」も、検索順位が落ちる原因の、定番です。

なので落ちたときは、疑うべきところですね。

「検索順位チェックツール」で管理を

ある日、とつぜん検索順位が落ちる!

恐ろしいことですが・・

早めに対応すればするほど、傷を浅くできることだったりもします。

 

エラーなどなんらかの原因があって、検索順位が落ちていたとして・・

それを長いあいだ放置してしまうと、悪い影響がずーっと続いてしまいますので・・

サイト全体に、深刻な評価ダウンを招くかもしれません。

 

なので検索順位が下がっていないか?というのを、しっかりとフォローして・・

下がってしまったら、即座に対応する!

というのは、すごく大事なことなのです。

 

そして検索順位の低下は、検索順位チェックツールがあれば素早くわかります。

たとえば、

検索順位チェックツール「GRC」を2年使った経験から、導入のメリットや使い勝手など徹底レビューしています。

上の記事で解説している「GRC」は、ド定番ツールですね。

 

こういったツールを使うと、自分のブログ内に「3位以内のキーワードが何個あるか?」といったことが、簡単にわかります。

なのでそういった情報を、たとえば毎日フォローしていけば・・

あっ、検索順位めっちゃ下がった!やばい!というのに、いちはやく気づけるのです。

 

実際に私自身、上で書いたように「エラー」を出して、検索順位を下げてしまった時も・・

GRCですぐさま異変を察知し、すぐに修正したので、最低限のダメージで済みました。

 

検索順位の急落は、ちゃんと対応すれば改善できることも多いです。

なのでチェックツールを導入し、常に順位を把握し続けることで・・

いつでも対応できるよう、フォローしておくのをおすすめします。

 

 

今回は検索順位が急に落ちたときの、対処・復活方法をお話ししました。

運営者:りふりーびと

 

プロフィール画像

 
仕事、健康、人間関係、お金・・あらゆる面での「理不尽フリー」を目指す人です。

【年齢・性別】30歳台、男性

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【特徴】
◇医局から独立し2年目
◇ブロガー
(9.5万PV/月のブログを運営)
◇インデックス投資歴7年
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
 
TwitterPinterest
 

カテゴリー
サイト内検索
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ