出戻り社員が嫌われる理由は?

歩くサラリーマン

訳あって、会社を一度辞めた。

訳あって、その会社にまた就職することになった。

ただ、それだけのはずなのに・・

 

なぜか、その会社の人に嫌われてしまう!

 

出戻り社員が嫌われる」というのは意外と、よくあることのようです。

会社を一度退職し、他の職場で過ごしたあとにまた就職した社員を「出戻り社員」と呼びますが・・

出戻りをしたがゆえに、なぜか冷たい目線に晒されてしまうわけですね。

 

もちろん「出戻り」そのものは、悪いことではありません。

退職することも再就職することも、個人の自由のはずですので・・

それをしたからと責められるいわれは、普通は無いはずだからですね。

 

しかし現実には、出戻り社員が嫌われるケースは多いものです。

そしてもし当事者になってしまい、その理由が分からない場合・・

「なんで嫌われるの?何か悪いことした?つらい。。」

そう思ってしまったとしても、無理はないと思います。

 

なのでこの記事では、出戻り社員が嫌われる理由は何?

嫌われるのを防ぐためには、どんなことに気をつければいいの?

ここを解説していきます。

「会社の苦労」をしていないのがずるい!と思われるから

出戻り社員が嫌われる理由は?

出戻り社員には、辞めてから再就職するまでの間にいわゆる「空白の期間」があるわけですが・・

 

その空白の期間において、「その会社の苦労」をしていないから!

個人的には、これが出戻り社員が嫌われるいちばんの理由なのではと思います。

 

会社の一員として働くということは、膨大な苦労を伴うものです。

これはもう実際に働いている人には、言うまでもないことかと思います。

どんな会社でもどんな職種でも、苦労が山ほどありますよね。

 

そして苦労というのは、年数とともに積み重なっていくものです。

なので例えば3年なら3年のあいだ、会社のチームのみんなで何とか苦労を乗り越えた!

会社で一緒に苦労した人たちには、そういった「連帯感」みたいなものが芽生えやすいです。

 

しかし会社を退職し、そのあとに出戻ったとすると・・

「出戻るまでの期間」はもちろん、その会社での苦労はしていないことになります。

 

なので自分たちはこの会社で苦労をして、乗り越えて、会社を支えてきた・・

でもこの人はそれをせずに、今のこの会社で給料を得ようとしている!ずるい!

・・というのが、出戻り社員が嫌われるときのひとつの思考パターンになるでしょう。

 

 

しかしながら、あくまで「理性的に」考えていくと・・

こういった考え方は間違っている!とは分かるはずです。

 

出戻り社員も当然、「出戻るまでの間」に苦労をしていたかもしれません。

たとえば他社に就職すれば当然、そこでの苦労が待っていますよね。

そして他社での苦労のほうが、ずっと上回っていた!なんて可能性も普通にあります。

 

さらには、たとえ退職後に悠々自適とした、ラクな生活をしていたとして・・

そのことを「前の会社の人」に責められるいわれなど、当然どこにもありません。

その会社に雇われていない期間のことについて、そこの社員に口を出される筋合いは一切ありませんよね。

 

おそらく「嫌う側」も、そんな理屈は分かっているのではないかと思います。

しかしながら人間は、割と「感情」で行動してしまうものです。

 

さらに出戻り社員が「出戻る前」に何をしていたか?なんて、普通は分からないものですし・・

さらにはその会社にずっと居る人に、会社の「外」はなかなかイメージできないものです。

なので出戻る前の苦労をイメージするなんてのは、意外と難易度が高いことかもしれません。

 

なので、

  • 俺たちは、この会社で踏ん張ってきた!
  • こいつは、それをしていないのに戻ろうとしている!
  • ずるい!!

という、ちょっと理論的ではない思考回路・・

これが、出戻り社員が嫌われるときのよくあるパターンになると感じます。

「裏切り」と思われてしまうから

そもそも退職したこと自体、会社に対する「裏切り」だ!

ちょっと過激かもしれませんが、これも出戻り社員が嫌われるときの考え方となり得ます。

 

会社の雰囲気というのは、もちろん会社ごとに全然違ってくるのですが・・

会社はひとつの「家」だ!みたいな価値観の会社も、いまだ数多くあると感じます。

社員はみんな家族で、連帯して会社を未来に運んでいく!的な考え方ですね。

 

雇用が流動化した現代で、そんな会社ほんとにあるの?と思われるかもしれませんが・・

産業医としていろいろな会社を訪問してきた経験からも、まだまだこういうタイプの会社は多いと感じます。

「昔からある老舗企業」「田舎のほうの企業」といったところに、特に多いかもしれません。

 

そして、そういった価値観の企業の社員だと・・

退職は裏切りだ!みたいな考えを持つ人も、少なくなかったりします。

 

その会社に骨を埋めるまで働くことが、美徳とされるべきであり・・

会社を途中で辞めるなんて言語道断!それは会社に対する裏切りだ!

そんな感じの考え方ですね。

 

そしてその場合、出戻り社員というのは・・

会社を裏切って出ていったうえで、またのこのこと戻ってきた

そういった見方をされてしまうわけです。

もしこういう考え方をされるなら、嫌われてしまうのは当然ですよね。

 

とはいえ、ここも理性的に考えるなら・・

退職というのは、裏切りでも何でもありません。

 

退職は裏切りか?については、

退職しようとしたら、「それは裏切りだ!」と言われる・・退職は果たして裏切りなのか?ここを徹底解説しています。

上の記事で、じっくりと考察しているのですが・・

ひとことにまとめると、その会社で働き続けなければならない、なんて根拠はどこにも無いからですね。

 

職業選択は、個人の自由です。

退職も基本的に、個人の自由です。

日本国のさまざまなルールで、そう決まっているはずです。

 

なので「退職は裏切りだ!」というのは無視していい、単なる戯言に過ぎません。

しかしそういった考えをもとに、出戻り社員を一方的に嫌ってくる・・

これも残念ながら現実には、よくある流れなのではと思います。

「どうせまた辞める」と思われるから

どーせ、また辞める」んでしょ?

これも、出戻り社員が嫌われるときの典型的な考え方です。

 

一度辞めた社員は、また辞める!と思われるものです。

現実に2回目の退職はされやすいのか?を問わず・・

一度辞めた社員が「また辞めそう」というイメージを持たれてしまうのは、おそらく普通のことでしょう。

 

そして「会社を辞める」というのは一般的に、悪いことだと見なされがちです。

特に上でも書いたような、会社を「家」とみなすような価値観だとそうですよね。

 

なので・・出戻り社員なんだから、どうせまたすぐ居なくなるんでしょ?

この会社でみんなと協力して、骨を埋めるまでやっていく気なんて無いんでしょ?

だったら「良い扱い」なんて出来ないよ!

・・これも、出戻り社員が嫌われる考え方のひとつでしょう。

 

当然、出戻り社員にもいろいろな考え方があるはずで・・

中には「外で働いてこの会社の良さがわかった!今度はずっと勤めていこう!」なんて考える人も居るはずです。

なので一概に「辞めそうだから嫌う!」なんて考えに、道理があるとは思えません。

 

さらには、その会社に骨を埋めないからといって、嫌われる筋合いは無いものです。

上でもちょっと書きましたが、どこで働きいつ辞めるかなんて、個人が自由意志で決めていいわけですので・・

そのあたりの行動を理由に、一方的にツラく当たる!なんてのもやっぱり、ヘンな考え方な気がします。

 

とはいえ、どうせまた辞めるから!と嫌われてしまう・・

これも現実には、よくある流れなのではと感じます。

辞めるとき、悪い印象を与えたから

辞めるときの悪い印象」を、与えてしまった・・

これも出戻り社員が嫌われる、よくあるパターンだったりします。

 

会社を辞めるとき、つい会社に悪態をついたり、反抗的な態度を取ったりしてしまう・・

これはもう、よくあることだと思います。

 

誰しも会社に、多少の不満を抱えながら働いているものです。

しかし上司や雇用主といった相手に、不満をぶち撒けるわけにもいきませんので・・

日々、ある程度の我慢をしながら勤めている・・という要素はあるはずです。

 

しかし辞めることが決まったら、「その会社での雇用」はもはや大事なものではありません。

なので、もう我慢しなくてもいいや!とばかりに、日頃の鬱憤を会社に投げつけて・・

そしてスッキリした気持ちで辞めていく、というのはよくある流れだと感じます。

 

そういった行動をするともちろん、その会社の上司といった人たちは良い顔をしませんが・・

辞めてしまえば、それはもはや関係ないわけですね。

 

しかし人生というのは、どうなるか分からないものです。

この会社に戻る可能性なんて無い!と思って、退職したにも関わらず・・

何らかの理由で、出戻る羽目になった・・となるのも、普通にあり得ることだと思います。

 

そしてその場合は当然、まずいことになってしまいます。

辞めるとき、悪い印象を残してしまったわけですので・・

戻ったときも「悪い印象」がまだ残っているとして、無理もないことだからですね。

 

その場合は、辞めるときの悪印象の程度にもよるのですが・・

「さんざん騒いで辞めていったやつが、どの面下げて戻ってきやがった!お前なんぞ優遇するか!」

そんな感じで嫌われたとして、この場合は仕方がない・・となってしまうと思います。

対処法①:「円満退職」を心がける

と、そういった感じの理由で・・

出戻り社員が嫌われるというのは残念ながら、よくあることとなっています。

 

しかし出戻るとしても当然、むやみに嫌われたくはないものです。

なので出戻ることになったけど、嫌われずに働きたい!

将来的に出戻る可能性に備え、嫌われないよう予防しておきたい!

こういった考え方を持って動いておくほうが、有利なのも確かだと思います。

 

じゃあ、出戻りで嫌われるのを防ぐために、具体的にどんな方法がある?

ひとつめは「円満退職」を心がける、ということです。

 

退職するとき、残る社員たちに悪い印象を与えてしまうと・・

出戻ったときに、嫌われてしまうものです。

これは、上で書いた通りですね

 

そして逆に、会社に何のわだかまりも残さず円満に辞めることができれば・・

万一出戻ることがあっても、悪い印象はあまり持たれないはずです。

嫌われるリスクも、最小限にできるでしょう。

 

なので辞めるにあたって、出戻る可能性が少しでもあると考えるなら・・

辞めるときにも会社に好印象を与え、できるだけ円満な退職をしておくのがおすすめです。

対処法②:仕方がない、と割り切る

出戻りで、嫌われてしまったとして・・

それはもう「仕方がない」ことだ、と割り切る!

これもひとつの対処法と言えるでしょう。

 

いくら、嫌われないように気をつけて振る舞ったところで・・

嫌われるときは、嫌われてしまうものです。

嫌われるのを「完全に防ぐ」なんて、できません。

これは出戻りどうこうに限らず、あらゆる場面でそうですよね。

 

しかも中には「理不尽に」こちらを嫌ってくる人も居ます。

例えばですが、仕事スピードが遅い先輩が・・

仕事スピードが速い人に嫉妬し、ネチネチと嫌ってくる!みたいな感じですね。

 

そして、どうしようもなく嫌われたり、理不尽に嫌われたりするケースで・・

何としても嫌われないように振る舞う!というのは、時間の無駄でしょう。

なのでそういう場合は、基本的に無視していいと思います。

これは仕方がないな、と割り切ってしまうわけですね。

 

理不尽な相手といったものを「スルーする」ことに慣れていないと、つい、いちいち反応してしまうかもしれませんが・・

その場合は、

スルースキルを身に着けて、精神的にラクになりたいけど・・出来ている人の特徴ってどんな感じ?ここを解説しています。

上の記事で解説した「スルースキルの高め方」が参考になるかもしれません。

 

もちろん、むやみに嫌われる必要まではありません。

上に書いた「円満退職」といった方法で、嫌われるリスクを下げることができるのなら・・

それはもう、やっておくほうがいいでしょう。

 

しかし、それでもどうしても嫌われてしまうケースに関しては、それはもう無視する!

こう考えることができれば、精神的にもかなりラクになるかもしれません。

対処法③:そもそも、出戻らない

そもそも、その会社に出戻らない

これも、出戻りで嫌われるときの対処法となります。

 

そもそも「出戻り」をしなければ、出戻りで嫌われるリスクはゼロとなります。

これはもう、当然ですよね。

 

そして「出戻る」という行動は、実はちょっと特殊なものです。

日本には、何百万という会社があるわけですので・・

その中から「前に勤めていたのと同じ会社を選ぶ」というのは、かなりピンポイントな選び方ですよね。

 

なので、前の会社によほど特別な思い入れでもない限りは・・

出戻るよりも「新しい会社」を選び、新しいスキルを身につけていく!

こちらのほうが自然だとは思いますし、こっちを選べば「出戻りで嫌われるリスク」は取らなくてよくなります。

 

場合によっては「出戻らざるを得ない」状況、というのもあるかもしれません。

他の会社でやっていこうとしたけど、うまく働けるところや馴染めるところがなかなか無くて・・

最終的には「古巣」に戻ってきてしまった、という感じですね。

 

なので、出戻りを避けたいのであれば・・

出戻りを避けられるよう、仕事スキルや対人スキルを磨いておく

これも大事なことになると思います。

 

もちろん、嫌われるリスクといったものを承知の上で・・

「出戻る」という選択肢を取るのも、個人の自由です。

嫌われたからといって、べつに世界が終わるわけでもありませんので・・

いろいろな選択肢をじっくり考え、自分なりのベストの選択をしていきたいものです。

 

 

会社の出戻りで「後悔」しないための全体的な考え方は、

会社を辞めたあと出戻ったけど、こんなことなら出戻らなければ・・と後悔しなくてよくなるための考え方を解説しています。

上の記事で解説しています。

 

今回は出戻り社員が嫌われる理由と対処法をお話ししました。

理不尽フリー生活を得る方法
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「ブログ」の始め方を解説しています。
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「インデックス投資」の始め方を解説しています。
運営者:りふりーびと

 

プロフィール画像

 
「理不尽な仕事から自由になる」を目指し試行錯誤を続ける人です。

理不尽すぎる仕事に悩まされた経験から、そこを目指すようになりました。

ブログ運営・投資・独立などにより、すでにある程度は達成済み。

【年齢・性別】30歳台後半、男性

【本業】
◇現在:企業の産業医(10社以上)
 医局から独立し3年目
 立場的にはフリーランス
◇元:総合病院の内科医・研究員

【副業】
◇SEOブロガー
(10万円/月の不労所得を達成)
◇インデックス投資(歴7年)

【その他の特徴】
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
◇趣味は自転車
◇海外移住に興味あり
 
TwitterPinterest
 

サイト内検索
カテゴリー
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ