仕事で余計なことばかりする人の心情とは

笑顔で断るサラリーマン

最低限の仕事だけ、してくれればいいのに・・

それをやってくれなんて、誰も頼んでいないのに・・

仕事で余計なことばかりする人が居て、大変!!

 

仕事には「やって欲しい仕事」と「やって欲しくない仕事」があります。

そして「やって欲しい仕事」をサクサク終わらせてくれるのは、ありがたいのですが・・

「やって欲しくない仕事」に手を出されると、それはむしろデメリットになりますよね。

 

なので、仕事で余計なことばかりする人が居る場合・・

何とかして、手を出すのをやめさせたい!

そのためにも、なぜ余計なことをするのか?を知りたい!

そう考えるのは、自然なことだと思います。

 

なのでこの記事では、仕事で余計なことばかりする人の特徴は?

余計なことばかりする人から、あなたや会社を守る方法は?

こういったところを解説していきます。

「何が余計か」が分かっていない

仕事で余計なことばかりする人の特徴は・・

まず第一に「何が余計か分かっていない」ということです。

 

「悪意を持って」余計なことをする人は少ないものです。

会社の人を困らせてやろう!嫌がる顔を見てやろう!

そんな動機で動く人なんて、そうそう居ませんよね。

 

なので「余計だと分かってるけど、やろう!」という動きは、そうそう起きないはずで・・

余計なことばかりする人は「わざとじゃなく」やっていることが多いと思われます。

 

なぜ、何が余計かが分からないの?

仕事の全体像が見えないから、が大きいでしょう。

 

会社の仕事というのは普通、たくさんの人数でやる大掛かりなものです。

なのでその規模は、ひとりぶんだけの仕事をはるかに上回るものとなり・・

一社員の立場からだと俯瞰できず、なかなか全体像が見えなくなるものです。

 

それでも視野が広い人は、ある程度は全体を見渡すことができます。

そして全体を把握したうえで、この仕事は今は余計だな、といったことを判断して・・

余計なことをしてはいけないな、と手を引くことになります。

 

しかし視野があまり広くない人だと、全体がなかなか見えないものです。

なので、何をやったら余計なのか?ということをうまく把握できず・・

ついつい余計なことばかりやってしまう、という感じになるのです。

 

という感じで、そもそも何が余計なのか分かっていない!

それによって知らず知らずのうちに、余計なことをやってしまっている!

これが仕事で余計なことばかりする人の、いちばん基本的な事情だと思います。

とにかくたくさん仕事をやろうとしている

とにかく、たくさんの仕事をやろうとしている

これも余計なことばかりする人の、ひとつのパターンです。

 

そもそもサラリーマンは、たくさんの仕事をこなさなければいけないものです。

成果を上げるために、やるべきことは山ほどありますので・・

常に動いて仕事を回して、終わらせていこう!というのは基本的な考えとなってきます。

 

さらには会社には、たくさん仕事をやっている人が偉い!という考え方もよくあります。

普通は2人で終わらせるくらいの仕事を、バリバリ働いて1人で終わらせる人は・・

周りからの高印象を得たり、それによって出世に近づいたりすることが多いですよね。

 

そういった事情があるので、とにかく、1つでも多くの仕事を終わらせまくろう!

会社に勤める社員たちの間には、この考え方が浸透しがちです。

あなた自身やあなたのまわりでも、多いかもしれませんね。

 

しかしその考え方が強すぎて、何でも仕事をやろう!とにかく働こう!みたいにやってしまうと・・

その手が「余計な仕事」にまで伸びてしまったとき、逆効果となってしまうのです。

上で書いたような「何が余計か分かっていない」タイプの人の場合、特にこれが起きやすいですね。

 

という感じで・・たくさん仕事をやろうとして、勢いあまって余計なところまで行ってしまう!

これも仕事で余計なことばかりする人の、よくある流れです。

与えられた仕事が少ない

与えられた仕事が少ないので、何とか仕事を見つけたい!

これも仕事で余計なことばかりする人の、結構ある心情です。

 

「仕事をしていないところ」を、人に見られたくない!

社員には、こういった感情が働きやすいものです。

 

会社では、社員はずっと仕事をしていなければいけなくて・・

手が空いていると「何ぼーっとしてるんだ!仕事しろ!」みたいな目で見られてしまう・・

こういった雰囲気をおそらく、実際に仕事をしている多くの人が感じているはずです。

 

そして、「仕事を与えてもらう」というのも、ひとつの能力です。

たとえば仕事を卒なく、ちゃんとこなせることをアピールすることで任せてもらえるもので・・

無条件で任されるものではない、というのもこれまた一般的な感覚なのではと思います。

 

なのでいろいろな理由で、与えてもらえた仕事が少なくて・・

でも、仕事をしていないところを人に見られたくなくて・・

なのでとにかく何か仕事をしたくて、余計なことをしてしまう!

これが余計なことばかりする人の、意外によくある心情だと感じます。

対処法①:余計なんだな、と分かってもらう

じゃあ、仕事で余計なことばかりする人にはどう対処すればいいの?

まずひとつめは余計な仕事なんだな、と分かってもらうことです。

 

上に書いたように・・悪意をもって、わざと余計な仕事をする人なんてまず居ません。

余計なことだと分かっていなかったり、何か仕事をしないと!と追い詰められていたりして・・

ついつい、余計なことに手を出してしまう場合がほとんどと思われます。

 

なので、その仕事をやるのは余計なんだ!手を出して欲しくないんだ!

こういったことをちゃんと伝えて、分かってもらうことができれば・・

それで基本的には、余計なことをするのはやめてくれると思われます。

 

じゃあ、余計だということはどう伝えればいいの?

ここはオブラートに包んで、それとなく伝えるのが一番だと思います。

「それは余計です!やめてください!」みたいな指摘は、さすがに言い過ぎになりがちだからですね。

 

具体的には・・たとえば「余計な仕事」に手を出される前に、先回りして終わらせるとかです。

手を出そうとしていた仕事をいつも、あなたが先に終わらせるようになれば・・

「ここに自分の手は必要ないのかな」と分かってもらえる可能性は高いでしょう。

 

具体的なところはケースバイケースで、一概には言えないものの・・

まずは、この仕事は余計なんだなと分かってもらう!

これが余計なことばかりする人の、オーソドックスな対処法になってきます。

対処法②:「責任の所在」をはっきりさせる

仕事で余計なことばかりする人の、対処法・・

ふたつめは、それぞれの仕事の「責任の所在」をはっきりさせることです。

 

仕事で余計なことをする人が居る場合・・

いちばん理不尽なのは余計なことをした責任が、あなたに掛かってくるケースです。

これがおそらく、いちばん面倒になるパターンですよね。

 

たとえば余計なことをするのが「部下」で、あなたがその上司だった場合・・

余計なことばかりして暴れまわった部下の責任が、あなたに来る可能性は十分あります。

上司は、部下の責任を取らなければいけないことが多いからです。

 

もしくは相手が「同僚」だった場合も、たとえば一緒にチームを組んでいる場合は・・

余計なことをするその同僚の責任が、あなたに来る可能性はでてきます。

チームを組む場合、責任は「チーム全体」で取る流れになることがあるからです。

 

なのでこういった流れで、責任が「関係ないあなた」にまで及びそうになった場合は・・

余計な仕事の責任は、それをやった本人だけにある

これを確定させることができれば、解決します。

 

余計な仕事をした責任が、その本人だけに行くのなら・・

それはもう、何の問題も無いはずです。

自分がやったことの責任は、自分が取るのが筋だからですね。

 

なので余計なことの責任は、その本人だけにある!

この流れを確定させるために、いろいろな行動をすることになります。

 

例えば「その人が余計なことをした」ことを確定させるために、証拠を集めるのは有効と思われます。

証拠というのはメールや書類といった、その人の行動を裏付けるような資料とか・・

もしくはあまりにもひどい場合だと、状況によっては「録音」とかも検討されるでしょう。

 

あなたがもし上司で、余計なことをするのが部下の場合は・・

「命令していないこと」については責任を取らない!と明言するのは有効かもしれません。

上司は部下に命令したことに関しては、責任を引き受けるのが自然なわけですが・・

命令してもいないのに余計なことをされた場合は、その責任まで引き受けるのは筋違いだからですね。

 

と、こういった方法で余計な仕事の「責任の所在」をはっきりさせていくと・・

仕事で余計なことばかりする人問題は、解決するかもしれないと思います。

余計なことばかりする人の「パターン別」対処法

仕事で余計なことばかりする人と、ひとくちに言ってきましたが・・

具体的に見ていくと、いろいろなパターンがあったりします。

そしてそれぞれのパターンごとに、対処法が違ってきたりもするものです。

 

仕事で余計なことばかりする人には、例えば・・

これは自分の仕事で、自分がやりたいんだけど・・なぜか他の社員が手を出してくる!これが起きる理由と対処法を解説しています。

上の記事で解説するように「人の仕事に手を出す人」パターンがあります。

そしてこの場合の対処法は、上の記事で詳しく解説しているのですが・・

例えば「それは正式にその人の仕事としてしまう」といった対処法があったりします。

 

それ以外にも、

職場に細かすぎる人が居て、しかも細かい指摘を押し付けてきて・・疲れる!そんなときの対処法を解説しています。
仕事で忙しくて、手が離せないのに・・そんな時に限って話しかけてくる!この行動を生んでしまう心理や対処法を解説しています。
頼んでもいないのに、やたら仕切る人・・しかも仕切りが上手くない・・こんな人に困ったときの対策法を解説しています。

仕事で余計なことばかりする人の対処法については、上の記事たちで解説しています。

それぞれ、やたら細かい指摘を押し付けてきたり、仕事中なのに話しかけてきたり、なぜか場をやたら仕切ろうとしたり・・

そういったケースごとの対処法を、詳しく解説しています。

 

仕事で余計なことばかりする人が、挙げてきたパターンのどれかに当てはまる場合は・・

その記事を読んでいただくと、解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

今回は仕事で余計なことばかりする人の対処法をテーマにお話ししました。

理不尽フリー生活を得る方法
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「ブログ」の始め方を解説しています。
不労所得を得て理不尽フリーになる方法「インデックス投資」の始め方を解説しています。
運営者:りふりーびと

 

プロフィール画像

 
「理不尽な仕事から自由になる」を目指し試行錯誤を続ける人です。

理不尽すぎる仕事に悩まされた経験から、そこを目指すようになりました。

ブログ運営・投資・独立などにより、すでにある程度は達成済み。

【年齢・性別】30歳台後半、男性

【本業】
◇現在:企業の産業医(10社以上)
 医局から独立し3年目
 立場的にはフリーランス
◇元:総合病院の内科医・研究員

【副業】
◇SEOブロガー
(10万円/月の不労所得を達成)
◇インデックス投資(歴7年)

【その他の特徴】
◇姿勢改善で頭痛が治った経験あり
◇趣味は自転車
◇海外移住に興味あり
 
TwitterPinterest
 

サイト内検索
カテゴリー
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ